ロードバイク初心者にオススメ。買って後悔しない自転車グッズ ベスト19!

まだまだロードバイク初心者の私。2015年11月11日にPINARELLO(ピナレロ) GAN(ガン) Sを購入し、晴れてロードバイクオーナーになって以来、たくさんの自転車関連グッズに手を出してきました。

サイクルウェアから、パンク修理キット、自転車関連本などなど、自転車関連の買物は悲喜こもごも、ふとAmazonの購入履歴を覗くとぞっとするくらい長いリストが出来上がります。

すでにロードバイク本体購入の値段を余裕で超える額の自転車関連グッズを購入していました。単純にホイールだけでも10万円はしているので当然といえば当然ですが。もちろん、よくわからず買って失敗したものも多い。

今回は、そんな失敗グッズは横に置いて、個人的に買って本当によかったモノ、いまや私のロードバイクライフに欠かせない必需品を厳選して紹介していきます。

ロードバイク初心者の私の悩み抜いて失敗もしながら成長してきた歴史でもあるので、共感や参考になれば、これ幸いです。

スポンサーリンク

ロードバイク初心者にオススメしたい買ってよかった自転車関連グッズベスト

自転車ガジェット・グッズ編

保冷ボトル

ロードバイクを乗ってボトルを持たないのは、遠足に行っておやつがないのと一緒。ほとんどの人がロードバイク購入と同時にボトルケージとボトルを購入するだろう。そんな必需品のボトルですが、最初は以外と何も考えずにショップにあるボトルからなんとなくデザインで気に入ったものを選んでしまう人は多くないだろうか。私もその一人です。

普通の安いプラスチックボトルだったのですが、イマイチ。本当にただの水筒で、保冷能力は全くない。真夏は走り出して30分で全てぬるま湯になってしまう。

2本目に購入したPOLARの保冷ボトル。これはプラッチックのボトル周囲をアルミ箔で囲み太陽光を反射してくれる。これに氷と水をたくさん入れて真夏日を駆け抜けてみた。それでも1時間強で全てぬるま湯に変化してしまった。普通のサイクルボトルの保冷性能はほとんど期待できない。

そこで、購入したのが、「ステンレスサーモボトル」

もはや夏はこれがないと考えられない。氷を入れておけば数時間経っても冷たいままです。飲み干しても氷が残っていればコンビニ補給のドリンクもキンキンに冷たくなるし、コンビニでアイスコーヒーを飲み、余った氷をボトル補給するテクニックも使えます。真夏のツーリング中ずっと冷たいドリンクを飲める至福を味わうならこのボトルからです。

真夏ライドの熱中症予防に。保冷ボトルで18時間麦茶が冷たい!
夏のライドは汗を想像以上にかく。前後二つのボトルを常備して、...

GARMIN Edge(ガーミンエッジ)1000J

ロードバイク初心者は、最初にサイクルコンピューターを買うか悩みませんか?ロードバイクでん十万円使っているので、数万円の高級サイクルコンピュータを買う余裕はなかなかない人も多いでしょう。私もそうです。そして速度と距離だけの格安サイクルコンピュータを一応つけておく。私が最初に買ったのは数千円のCATEYEのサイコンでした。

しかし、2ヶ月後、ロードバイクを趣味として続ける実感が湧いた瞬間に物足りなくなり、ロードバイク乗りの憧れの至宝「ガーミンエッジ1000J」を悩み抜いて購入した。およそ6万円。高かった。

GARMIN Edge シリーズ比較検討。海外版もあり?
ロードバイク購入から1ヶ月。 CAT EYEの安いサイ...

格安のコンピュータと比べた違いは、主に4つ。

  1. 心拍数が測れる
  2. ケイデンス(ペダルの回転速度)が測れる
  3. STRAVAに自動連動してくれる。
  4. ルート検索ができる。(800J, 1000Jのみ)

この4つがガーミン購入の大きな理由だが、1、2、3が特に最強である。

私がデータ大好き理系オタクだからかもしれないが、自分の走りのレベルが少しずつ向上していることや体調が悪いことなど自分の体との対話をガーミンエッジを通して確認できます。ロードバイクを始めたての頃は乗るだけでも楽しいし、走る場所も初めての場所が多いので、なかなか飽きないのだが、3ヶ月ほど走っていると近場ではルート開拓がなかなか難しくなり、同じルートを走ることも多くなってきます。そんな時にガーミンエッジとSTRAVA連動をすれば、区間ごとの記録の推移が見れるので、いつもの馴染みの道でも、毎回違うデータを通して違った印象に変えてくれます。ロードバイクの毎回の走りを飽きずに続けるための必須アイテムだと言ってもいいでしょう。

その後、820Jが発売された。今なら1000Jより820Jの方が高性能で安いのでおすすめ。

ガーミンエッジ820J新登場!全シリーズを比較検証。買うならどれ?
ロードバイク乗りならだいたい持ってる「Garmin edge...

サイコンはガーミンじゃなくてもBRYTONなどの安価なサイコンでも上記の1〜3機能があれば、十分だと思います。

ガーミンの上位モデルのNAVIやルート検索機能ですが、使う機会はそれほど多くないので、心拍とケイデンス、GPSデータをSTRAVA自動連動、この辺りを抑えていれば良いと思います。

STRAVA(ストラバ)

次にモノじゃないけど、アプリを紹介します。ガーミンでも触れたSTRAVAです。

スポーツはスコアがモチベーション持続につながりやすいものです。ゴルフでもスコアがなければ誰もあれほど没頭しないでしょう。自転車も同じです。自分の走りを客観的に評価してくれる指標はとても重要です。STRAVAに走行記録を自動転送する機能はロードバイク乗りにとって必須の機能だと思います。

STRAVAアプリはスマホだけでも使えますが、GPS精度がどうしても悪いし、スマホのバッテリー消耗も多くなるので、GPSデータ取得はガーミンエッジなどのサイコンに任せて、データ転送してもらうのがおすすめです。

まんねりライド解消!自転車アプリの真打ち「STRAVA」
自転車は孤独なスポーツだ。 もちろん、友人と一緒に走る...

また、ナビゲーション機能が欲しくて、ガーミンエッジ1000Jを購入したのだが、今思えばオーバースペックです。NAVIはなくてもいいので820Jでも十分だと思います。

もっといえば、NAVI系の機能が一切ない520Jでも十分です。

心拍とケイデンスさえ測定できれば良いとすれば、一番簡易な25Jも選択肢に登ってくると思います。

※ケイデンスセンサーとスピードセンサーは別売りで1万円くらいなので注意。

ロードバイクを継続していく、楽に走りを上達させるためにはデータ的なアプローチはとても重要になるので、サイコンはじっくり検討してほしい。特に心拍計おがあることで、その日の自分の体調や限界をわかる点やケイデンスを一定に維持するためにギアシフトするテクニックの2つのスキルもサイコンで磨くことができます。

ローラー台:Tacx Neo Smart

ロードバイク購入後1年して、平日はトレーニング時間が持てないことがわかり購入したのがローラー台です。

Zwiftというバーチャルトレーニングアプリ対応のローラー台Tacx Neo Smartを購入しました。これが大ヒットで年間走行距離は飛躍的に増え、足も少しずつ鍛えられています。平日の夜、雨の休日、寒い冬なども家の中で十分なトレーニングを実践できます。

検討したローラー台は以下の記事にまとめています。

Zwift対応!賃貸派におすすめ静かなローラー台の徹底比較&厳選6台

一番高性能で高価なTacx Neo Smartを購入したのですが、そのインプレ記事もご参考まで

ローラー台Tacx NEO Smart T2800購入!その静かさに感動!

最近は廉価版のTacx Flux Smartが発売され、こちらも十分な性能なのでおすすめです。

初心者のローラー台にオススメ!Tacx(タックス) FLUX Smart(フラックススマート)登場!

Zwift対応スマートトレーナー(ダイレクトドライブ式)の一押しはやはりTacxの2機種です。

  • Tacx Neo Smart  (ハイグレード)ダイレクトドライブ式トレーナー
  • Tacx Flux Smart  (ミドルグレード)ダイレクトドライブ式トレーナー

骨伝導ヘッドフォン Marsboy

ロードバイクを乗り続けていると、田舎へと郊外へと自然に走っていくことが多くなります。しかし、都心などだと繁華街を脱出するまでが非常に辛い。信号と渋滞でなかなか街を抜けられない。そんなとき、心を支えてくれる音楽があればと思って、色々調べて見つけたのが「骨伝導ヘッドホン」。道交法的に普通のヘッドホンをつけるのは問題外です。

購入したのは、Marsboyという骨伝導ヘッドフォン。とても満足しています。

最近人気で品切れも多くなっているが、Amazonの骨伝導ヘッドフォンのバリエーションも増えているので、参照してみてほしい。

amazon骨伝導ヘッドフォン

骨伝導ヘッドホンで心配だったのは、ヘルメット、サングラス、サイクルキャップと頭部に身につけるものが多いので、さらに骨伝導ヘッドホンをつけると嵩張りすぎて不快になりそうなところでした。しかし、全く問題ありませんでした。スポーツ用の骨伝導ヘッドフォンなら、汗や水にも強く、それほどかさばらないので、快適にBGMを流しながら走れます。

-自転車で音楽を聞きたい-周囲の音も聞こえる骨伝導ヘッドホン marsboy,CODEO
週末のロングライドの最中、ふと暇を持て余すことはないだろうか...

モバイルバッテリー

ガーミン、骨伝導ヘッドホン、スマホ。現代のロードバイク乗りにはたくさんの電子機器が必要です。

ロングライドに出かけると10時間くらい自転車で走ることにもなります。すると電子機器のバッテリーがなくなってしまうこともしばしばあります。そこでモバイルバッテリーを購入してみたら、これがヒット。スマホの電池切れの悩みから解放されました。

輪行袋 オーストリッチSL-100

さて、ロングライドの先にある輪行袋。

私は3つの輪行袋をへて、ようやく正解となる最小・最軽量のオーストリッチSL-100にたどり着きました。自転車の旅では自転車に乗るときの荷物を極限まで減らすのが重要なので、とにかく軽くて小さいものが良いです。

また、SL-100くらい小さいものだと、日帰りロングライドの保険的として携帯するのも苦で無くなります。サドルバックにも入れられるし、ボトルケージに差し込むことも可能です。

迷ったら、最小・最軽量の輪行バッグSL100がおすすめです。多少高いですが、何個もいらない輪行袋は後々買い直すよりは、最初に正解を買ったほうが安上がりになります。

サイクルバッグ

サドルバッグ

クロスバイクでもロードバイクでもスポーツバイクを購入したら、サドルバッグは必需品です。パンク修理などなどのキットをいれておく必要があります。

普段の日帰りライドでは、小さいサドルバッグで十分なので、定番のTOPEAK(トピーク)のサドルバッグがちょうどいいでしょう。

入れておくものは、パンク修理グッズ「チューブ一本とエアボンベ二本、タイヤレバー」。ほかには、前述のモバイルバッテリーなど。あとは補給食の予備くらいでしょうか。TOPEAKのMサイズで十分入ります。

アピデュラサドルバッグ

ロングライド、旅乗り用に購入して大正解だったのが、アピデュラのサドルバッグです。

大容量サドルバッグですが、走行中もほとんど邪魔になりません。旅行では大きなリュックを背負って走るのはかなりしんどいです。大きいサドルバッグで、体を軽くして自転車に荷物を運んでもらった方がより遠くまで走り続けられます。

また、ヒルクライムもそれほど苦にならず、ダンシングしてもそれほど気になりません。


アピデュラ レギュラー サドルバッグ

ロングライドに最適。四次元ポケットな「アピデュラ サドルバッグ」インプレ
旅乗りがメインのロードバイク乗りとしては、いかに荷物を少なく...

ドイター レースX

旅行でもう少しだけ荷物を持って行きたいときは、リュックが必要になる場合もあると思います。そんな時におすすめしたいのがドイターのレースXです。旅行のサポートバッグとして重宝しています。

ドイターがおすすめなのは小さくて軽量な点と、背中に背負った時に空気を通してくれる機構があることです。これがない普通のリュックを背負ってロードバイクを走らせるのはほとんど無謀と言ってもいいと思います。背中の汗が大変なことになるでしょう。

ドイターのレースXとアピデュラのサドルバッグで沖縄旅行に行きましたが、荷物量的にはちょうどという印象です。これ以上多いと宿から宿への移動がとってもしんどくなりそうです。

(2017/6/6追記)

最近、往復200kmの自宅からのロングライドは街中走るのに飽きるため、最初の片道100kmはロードバイクを走らせて、帰りは輪行が個人的に流行っています。そんなとき前述の輪行袋SL-100は大活躍ですが、日帰りにサドルバッグはちょっと大変。

そこで日帰りの輪行袋携帯におすすめなのが、これ。

マルチユースマウント

ロードバイクのあとちょっと運びたいを解決!マルチユースサイクルマウント。
「ロードバイクは身軽に」がモットーだが、意外と持っていきたい...

輪行袋をトップチューブ下にぶら下げて固定できるので使えます。

サドルバッグが小さくてもよく、走行中も邪魔にならないので、輪行しやすくなりました。

片道100km走って、電車で帰る。電車で郊外へ行って、帰りは100km走るなど、日帰りロングライドの守備範囲を格段に広くしてくれる逸品です。

サイクルウェア編

サイクルキャップ

賢明なローどバイク乗りなら、サイクルジャージはもちろん愛用しているでしょう。

もし、サイクルキャップを着用しない派の人には、ぜひ、サイクルキャップ着用もおすすめしたい。安くてもどのブランドでも全く問題ない。

とにかく、汗。

サイクルキャップは、汗を吸収してくれるのが素敵です。

amazonサイクルキャップ

これは夏に限った話ではありません。冬の寒さでも30分もすればジワリと汗をかき始めます。そして、一番辛いのは自転車を止めたとき。流れた汗が冷たくなって非常に冷たく下手すれば風邪をひきます。サイクルキャップがあれば、脱ぐだけでその寒さから解放されます。冬こそ汗びえ対策としてサイクルキャップの替えを用意すべきです。

そんな私はサイクルキャップを3つ持っています。汗かきすぎでしょうか?

インナーシャツ(ベースレイヤー)

スイスのサイクルウェアメーカーASSOS(アソス)は、インナーシャツの着用を推奨しています。

インナーシャツは吸湿速乾性能が高く、汗を肌からすぐに吸い上げ、外に逃がして乾かしてくれる素材を使っています。夏でも冬でもインナーを着ておくことで、夏の汗のびしゃびしゃ、冬の汗びえを軽減してくれます。冬は寒さもあるのでロングスリーブのインナーシャツを導入するのがおすすめです。

ASSOS アソスのインナーウェア 驚きのフィット感と速乾性の秘密。
アソスのサイクルウェアを買い始めてから、物欲が止まらない。 ...

ASSOS以外にも最近ではOUTWETというイタリアのハイテクインナーウェアブランドが気に入っていておすすめです。

変態と天才は紙一重!イタリア最強インナーOUTWET(アウトウェット)購入・インプレ!
真夏のライドに向けて、ぜひ導入しようと考えていたOUTWET...

冬はロングスリーブで保温性もあります。

真冬のインナーウェアはアウトウェットがおすすめ。WP4で首回りもあったか。
1月に入り冬の寒さも厳しさを増してきて、週末ライドに出るのも...

アソスビブショーツ

ロードバイクに乗っていてもビブショーツを着たくない人は多いだろう。もっこりピチピチが合言葉のロードバイクのレーサーパンツが苦手という人も多と思います。

でも、履かないなんてもったいない。と思います。

ロードバイクは、アルプス山脈さえも登れます。

アルピニストがアウトドアウェアを着るように、ロードバイク乗りはビブショーツを履くべきだと思います。

amazonビブショーツ

ビブショーツは肩紐で引っ掛けてはくため、ハーフパンツと比べてゴム紐が腰になく腰の締め付けがない利点と、走行時にお尻のパッドがずれにくい利点があります

ロングライドでお尻の痛みに悩む人は、ぜひ一度いいビブショーツを買うことをオススメします。長時間でもパッドがずれないビブショーツ、さらに高品質のお尻パッドのビブショーツなら、ロングライドで最大限サポートしてくれるでしょう。

ASSOS(アソス)ビブショーツ の鉄板3シリーズ。選ぶならどれ?
最近、ビブショーツの検討を続けてます。 Wiggleでも安...

ロードバイクに乗り始めたら、まずパンツを選べ!という人もいるくらいです。

Lintaman(リンタマン) SPD サイクルシューズ

ロードバイクをよりスポーティに楽しむなら、ビンティングシューズ購入は初心者脱却のファーストステップです。

私は、旅乗りやツーリング派なので、自転車を降りてからも少し歩きやすいMTB用のSPDビンディングのシューズを愛用しています。

フィット感抜群のサイクルシューズ [LINTAMAN リンタマン]のインプレ
おニューのサイクルシューズを購入しました。 「リンタマ...

ロングライド、旅乗り、ポタリング、グルメライド派の人は、ロードバイクを降りて街中を歩く機会も多いと思います。そんなときはMTB用のSPDペダル、ビンディングシューズの方がおすすめです。

もちろん、ロードバイクでレースに出るなら、SPD-SLペダルを使用した方がホールド感があるので良いと思います。自分の乗り方に合わせてペダルは選びましょう。

ロードバイクコンポーネント・ホイール

ホイール / Fulcrum Racing Zero(フルクラムレーシングゼロ)

ロードバイク初心者だった私の最初のバイクは完成車で購入しました。

完成車のホイールは非常にしょっぱいホイールが付いていることは後々知ることになりました。そして、ロードバイクの性能・乗り心地を大きく変えるためには、まずホイールを変えるのが効果的ということを風の噂で知ります。その後は、病のようにホイール選びに夢中になり、最終的に購入した最初のホイールが、アルミホイールの雄「Fulcrum Racing Zero(フルクラムレーシングゼロ)」です。

フルクラムレーシングゼロ購入インプレ&はじめてのホイール交換の方法!
ロードバイク初心者の最初の頃、悩みに悩んで購入した最...

フルクラムレーシングゼロに変えたときの驚きは走り出しのクイックさ。そして、慣性での推進力に感動しました。心配していた乗り心地の固さやロングライドで足が売り切れる問題はほとんど実感がなかったので最高のアルミホイールだと思います。

ホイール購入に合わせて、コンチネンタルのタイヤを導入しました。25cとやや太めのタイヤで乗り心地が良くなって気に入っています。

自転車メンテナンス用品

私の愛車PINARELLO GANSは、カーボンロードバイク。カーボン製のロードバイクではパーツごとにネジをどのくらいの強さ(トルク)で締めるか決まっています。このトルクを測るレンチがトルクレンチです。

カーボンロードバイク乗りなら一本ぐらいは持っていた方が良いかもしれない。私が購入せざるをえなかったのは、頻繁にサドルずれが発生したからです。ロードバイク購入当初は気づきませんでしたが、大きめ段差を通過するたびに、衝撃でサドルが少しずつズルっズルっと下がっていました。ロードバイクはポジションが非常に大事なのに、気づいたらサドルが一番下まで下がり、足も回らない窮屈なペダリングになっていました。気づかない私も私でしたが。

そして、このサドルズレはただネジを強めに締めただけでは解決できませんし、強く締めすぎるとカーボンが割れてしまいます。

いろいろ調べた結果、カーボンパーツ同士をうまく滑り止めする「サドルずれ防止カーボンペースト」というものがありました。合わせて最適なトルクで絞れる「トルクレンチ」を購入しました。

カーボンペーストをサドルのシートポストに適量塗りつけ、適切なトルクで締め付けたら、それ以降全くサドルはずれなくなり成功です。力任せにネジを締め付けていたら、そのうちカーボンフレームにヒビが入っていたかもしれません。恐ろしや。

サドルのずれる、下がる対策! カーボンペーストで安心
ロードバイクを購入して4ヶ月。 2ヶ月くらいまであまり...

自転車関連本

自転車関連本は、漫画、小説、エッセイ、ライドテクニック本、月刊誌などいろいろ購入してきました。走っていないときも自転車に触れ合っていたいほど、ロードバイクにハマっていたのです。

その中から特に面白かったものを幾つか紹介します。

エッセイ:ポルシェより、フェラーリより、ロードバイクが好き

自動車評論家による、自転車(ロードバイク)エッセイ。普段は車について書いている人が、自転車にはまっていくさまをエッセイにしている。さすがの文章回しで自転車の世界を深く実感を持って切り取ってくれる。

小説:男たちは北へ

グラフィックデザイナーが自転車で東京から青森に行くだけの話のはずが、国家機密を持つスパイと勘違いされ。。。ハードボイルド自転車小説。自転車乗りと自衛隊の会議の2つのシーンが交互に展開され、どちらも面白く、ストーリーの先の先が気になり続ける良作

漫画:じこまん

じこまん、趣味の自転車はこれが全てで間違いない。

そんな中年男のための自転車バイブル漫画。まずはこれを読んでほしい。実用性も高い。

まとめ

以上、ロードバイク初心者の私が悩みながら、失敗しながら購入してきた自転車関連商品・グッズの中でも、選りすぐりの名品たちである。

今も現役でロードバイクライフを充実させてくれています。