夏の準備、完璧ですか? 真夏のライドにオススメ自転車グッズ 14選

梅雨も過ぎれば、夏もすぐそこ。

毎年、忘れているが暑い夏のロングライドは、思っている以上に過酷。

そんな夏のライドに向けた準備をしっかりして、熱中症を予防や快適な夏の自転車ライフを楽しみたい。

今回は、そんな真夏のライドにオススメの自転車グッズを厳選して紹介していきたい。

ウェアやグッズ、自転車旅に役立つアイテム14個を紹介します。

スポンサーリンク

夏を生き残るためのサイクルウェア

夏のライドで一番問題になるのは、尋常じゃない量になる汗だろう。

汗でべたついている不快感も相当なものになるし、汗が目に入ると安全面でも問題がある。

1.インナーウェア

夏は暑いから重ね着したくないという人もいるかもしれないが、オススメしたいのはインナーウェアを着ること。

特に吸収・速乾性に優れたインナーウェアを着ることで、汗をどんどん逃すことができる。

夏の自転車ウェア選びは、最強のインナー「アウトウェット」を確保せよ!
真夏のサイクリング。30°Cを超える暑さの中で、熱中...

2.サイクルキャップ

もうひとつ、意外と派閥が分かれるサイクルキャップ。

汗が目に入らないようにかぶった方が無難である。行きと帰りで変えてもいいくらいだ。

amazonサイクルキャップ

ロードバイク初心者にオススメ。買って後悔しない自転車グッズ ベスト19!
まだまだロードバイク初心者の私。2015年11月11日にPI...

3.ショートフィンガーグローブ

単純に暑いからショートフィンガーグローブにするのもオススメ。

また、手の甲側が額の汗をふきとれる素材になっていたりすると便利。

手のひら側のクッションもしっかり存在感がある。革張りの高級感を味わえる。

Giro ショートフィンガーグローブ

4.着るバックパック

夏のちょっとしたロングライドで荷物を持って行きたいなら、暑くないバックパックがオススメだ。

それがASSOS(アソス)のGTAスパイダーバッグ

写真のように圧倒的に接触面積が少なく、暑くならない。

自転車でバッグは背負うな!ASSOS(アソス)伝説の「着る」バッグ
毎日、自転車通勤・通学をする人は自転車用のバッグをいろいろ試...

5.サングラス

夏の日差しに対応するためには、サングラスも必須アイテムだろう。

断然、オススメは、オークリーのサングラスシリーズだ。

私が特にオススメするのは、ジョウブレーカーのプリズムレンズ。

サイクリングシーンに特化した設計とレンズで、高速走行時のクリアな視界と広さ、レンズの曇りを防ぐエアベントなどの特徴がまさにロードバイクに最適だ。

ロードバイク用サングラスの王道オークリーを買うならどれだ!?
オークリーのサングラスを買おうかずっと悩んでいる。ロ...

夏のライドを快適にする自転車グッズ

夏用のウェアを揃えたら、あとは、ライドシーンを快適にしてくれたり、万が一のトラブルの対策になる自転車グッズについても揃えておきたい。

6.保冷ボトル

夏用ボトルにオススメなのが、何と言ってもステンレス製の保冷ボトル。

夏は、ダブルボトルにする人も多いと思うが、一つをステンレスボトルにして冷た〜い飲み物を少しずつ飲めるようにしておくのがオススメだ。

その一口が、ロングライド中のリフレッシュになる。

真夏ライドの熱中症予防に。保冷ボトルで18時間麦茶が冷たい!
夏のライドは汗を想像以上にかく。前後二つのボトルを常備して、...

各社から保冷ボトルも出始めている。サーモスからはストロータイプ。

7.最軽量・輪行バッグSL-100

夏のロングライドで万が一の熱中症などに備えるならば、いつでも輪行で帰れるように準備しておくのが良いだろう。

問題なければ、使わなければいい。

そんな万が一の保険として使える輪行バッグが最軽量のSL-100。

ボトルケージに突っ込むことも可能なサイズ感で軽量なのでライドの邪魔にもならない。

輪行袋で広がるロードバイクの世界。鉄道・飛行機の鉄板バッグはこれ!
ロードバイクを購入してしばらくは、近くのサイクリングロードを...

8.あとちょっとの荷物にマルチユースサイクルマウント

上記、SL-100を持って行きたいが、夏はダブルボトルなので、ボトルケージが空いていない!

そんな時にトップチューブにおまけの輪行バッグを装着できるマルチユースサイクルマウントは結構使える。

ロードバイクのあとちょっと運びたいを解決!マルチユースサイクルマウント。
「ロードバイクは身軽に」がモットーだが、意外と持っていきたい...

補給食などを束ねてつけたり、モバイルバッテリーをつけて、ライトやサイコンの充電をしながら走るなど意外と使い道は多い。

9.電動ポンプなら3分で終了なパンク修理の空気入れ

夏じゃなくても起こってしまうのがパンクだが、猛暑の夏のパンク修理は過酷だ。

暑いのでできるだけ短時間で済ませたい。また携帯型ポンプで空気を入れていたらそれだけで汗だくになる。

そこで、オススメしたいのが、携帯型スマートポンプ「Smart Air Pump M1

電動ポンプなので、3分で必要な分の空気を送り込んでくれる優れものだ。

3分で自転車パンク修理完了!?携帯型電動空気入れ「Smart Air Pump M1」
自転車で、最も多いトラブルが「パンク」だ。タイヤが細...

10.インドアサイクリングに、ローラー台

暑い夏でも猛暑日にライドに出かけても熱中症になるだけだ!と合理的な考え方のあなた。

そんなライダーはやはりインドアサイクリングがいいだろう。

そんな中でも特にオススメしたいのが、私も購入したTacx NEO Smart。

冬のインドアサイクリングをかなり楽しんだ。夏も体調によってはローラー台を活用したい。

tacx-neo-smart-trainer-01
Tacx – Neo Direct Drive スマートトレーナー

Zwiftに対応して、仮想空間のコースのヒルクライムでは負荷が上がるなど、最高のバーチャルトレーニングが楽しめる。

ローラー台Tacx NEO Smart T2800購入!その静かさに感動!
ロードバイク購入から1年と少し経った冬。初の...

夏休みの自転車旅のお供にしたいグッズ

夏休みともなれば、自転車を連れて旅に出るのは正しいロードバイク乗りの夏休みの作法だろう。

サイクルスポーツの峠特集で、旅先を見つけて旅に出よう。

峠で遊ぶ!、スマートウォッチ10modelインプレほか、CYCLE SPORTS 8月号発売

そんな旅乗りにオススメの自転車グッズもいくつかある。

より旅を快適に楽しくするためにチェックして見て欲しい。

11.大容量のアピデュラ・サドルバッグ

旅乗りで問題になるのは、荷物。

そこで、ちょうどオススメなのが大容量のサドルバッグのアピデュラ。

数泊分のウェアと輪行バッグなど旅行に必要最小限のものは、これだけで十分入る。

逆にアピデュラに入る以上の荷物を持ったライドは、かなり辛くなるので、これに入る程度に収めたほうがいいという指針にもなってくれる。

これ一つで、自転車旅に出よう。

アピデュラ レギュラー サドルバッグ

ロングライドに最適。四次元ポケットな「アピデュラ サドルバッグ」インプレ
旅乗りがメインのロードバイク乗りとしては、いかに荷物を少なく...

12.飛行機輪行なら、OS-500

夏休みの旅行先に、南の島へとか、北の北海道へなど。

飛行機に乗って旅行するケースも出てくるだろう。

そんな国内飛行機輪行にオススメなのが、オーストリッチの飛行機輪行バッグOS-500

ペダルを外す必要があるので、アーレンキーやペダルレンチを忘れずに。

基本的に国内ならばこれで十分だ。

飛行機輪行 OS-500 準備 〜ツール・ド・沖縄編〜
GWまで残り1週間。今年も沖縄に行くことにしました。...

また、旅行中は確実に邪魔になるので、空港から、最後の宿泊先、もしくは帰りの空港の郵便局などへ送っておくのがオススメだ。

13.骨伝導ヘッドフォン

一人での旅乗りシーンでの長距離平坦路はかなり孤独との戦いになるだろう。

そんな時にオススメしたいのが、骨伝導ヘッドフォン。

BGMに好きな音楽が流れると、一人ロングライドは一気に楽しくなるものだ。

-自転車で音楽を聞きたい-周囲の音も聞こえる骨伝導ヘッドホン marsboy,CODEO
週末のロングライドの最中、ふと暇を持て余すことはないだろうか...

14.旅先の普段履きシューズ

荷物を最小限に抑える場合に問題になるのが、宿泊先から夜の外食に出かける時、サイクルシューズからはき替えるためのシューズだ。普通の靴やスニーカーは、荷物として非常にかさばる。

そこで、オススメなのが、くるっとまるまるテスラの軽量ランニングシューズ。

かさばらないし、スポーツシューズとして機能性も優れている。

自転車輪行の旅にオススメの携帯シューズ。片足180g以下のテスラ・ベアトレック
久しぶりの自転車輪行の旅に出た。10月22日宇都宮へ...

まとめ

以上、夏のサイクリングシーンで活躍するグッズをご紹介してきた。

夏の都市部は何と言っても暑い。アスファルトの照り返しやクーラーの外気などのヒートアイランド現象の影響も強い。

そこでオススメはやはり郊外。そして、高地。

山梨や長野など近くの避暑地へちょっとした旅乗りに出かけたい。

そこへ行けば文句なく素敵な坂が我々を待っているだろう。

Route92