わずか115gの軽量で堅牢な自転車ロックOTTOLOCKに期待!

ロードバイクの鍵、悩みませんか?

頑丈な鍵なら、安心してロードバイクから離れられるが、重くて乗りたくなくなる。

軽量な鍵は、持ち運びは便利だが、鍵の防犯性に不安がありロードバイクからほとんど離れられない。

今回は、そんなロードバイクの鍵問題を解決する正解になるんじゃないかと密かに期待している最新の自転車ロックOTTOLOCKが、日本でもクラウドファンディングで上陸したというのでご紹介したい。

GREEN FUNDING by T-SITE

軽量で強度抜群!!
Made in U.S.Aで、既存の常識を打ち破る新しいポータブルロック-OTTOLOCK-

12月から始まっていて3月11日までクラウドファンディングはオープンになっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

1個6,980円〜出資で商品を5月くらいに獲得できます。

スポンサーリンク

OTTOLOCKとは?

2014年に設立されたアメリカのOTTO DesignWorks社が手がける自転車を中心に様々なスポーツシーンや日常で使える鍵。

OTTO社のコンセプトは「サイクリングとアウトドアマーケットにおける革新的な商品開発」を目指しているらしく、今回のOTTO LOCKは2016にVer.1がリリースされていて、2017年9月のVer.2の日本上陸になる。

アメリカのロードレースのトッププロJacob Rathe氏がトレーニング用のロードバイクをコーヒーショップで一瞬立ち寄った時に盗まれた経験から生まれたらしい。ロードバイクあるあるですね。

OTTOLOCKムービー

OTTOLOCKの特徴はムービーを見るとより理解が深まります。

しかし、ムービー観るもちょっと面倒だと思いますので簡単に特徴をまとめてみます。

コンパクトで軽量!

とにかくロードバイク乗りが求める世界観では、軽量でコンパクトな鍵であることは優先度が高くなるだろう。

ロングライドでも、ヒルクライムでも「重さ」は敵。

100gの軽量化に1万円かかるロードバイクの世界観で、600gの鍵を持ってしまったら6万円分損した気持ちになる。

というのは言い過ぎですが、重たいものを持って走るとせっかくのロードバイクの楽しみが半減してしまいます。

OTTOLOCKはロードバイク乗りの心情を理解しているので、とにかく軽量でコンパクトにまとまる鍵を作ってくれています。

長さが3種類ありますが、重さは115〜155gとかなり軽量。丸くまとまってくれる形状なので、ジャージの後ろポケットに入れたり、ハンドルに巻きつけたりして運べば全く邪魔になりません。トップチューブの下にもつけることができそうです。

長さは、45センチ、76センチ、150センチで、地球ロックもOK

長さのバリエーションがあるので、自分の好きな長さを選べます。

最も一般的だとすすめているのが76センチの商品で、これであれば、地球ロックもできそうです。

自転車単体でロックするだけなら、45センチものを選んでもいいですし、ガードレールとか大きなものに地球ロックしたいなら150センチを選べば良さそうです。ただ、ちょっと嵩張りそうですね。

自転車泥棒の御用達ワイヤーカッターにも耐える堅牢性

軽くてコンパクトなだけの自転車の鍵ならこれまでにもありました。

OTTOLOCKは、堅牢性も兼ね備えているそうです。

一見すると、ただのプラスチックバンドに見えますが、この中は多層構造になっていて、使われている素材も高い強度をもつケプラーやステンレスを組み合わせているそうです。

具体的な断面図がこちら。

表面には、サントプレーンゴムという耐熱性にすぐれた素材が使用され、中身にはケブラーを表面に使用して、さらに硬度の高いステンレススチールバンドをレイヤードで複数層重ねています。

この製法は特許出願中で、来年には許可される見込みだそうです。

これにより、OTTOLOCKは、

軽量 & 堅牢性

を実現してくれました。

これが本当ならば、ロードバイク乗りにとってはまさに夢の鍵であるはずです。

これまでの自転車の鍵を振り返り

ロードバイクに乗り2年も過ぎ、鍵については色々試してみましたが、軽量と堅牢性の両方を実現する鍵はまだ見つけられていません。

堅牢性をとれば重い。

ブレードロック

U字ロック

ワイヤーロック

プロの自転車泥棒も敬遠するのがクリプトナイト

このクリプトナイトは堅牢性は高く、それほど重くないので最有力ではありますが、かさばるので大きめのサドルバッグか、リュックなどが必要になりそうなので、結局、手を出していません。

軽量なものは、弱い。

そして、ロードバイク乗りの多くは、鍵の堅牢性は諦めて、軽量な鍵に甘んじるか、鍵を持たずにライドに出かけるようになっていました。

軽量&堅牢性

本当に実現してくれていれば、ロードバイクの鍵の最終解なのかもしれないOTTOLOCK。

いま、ファンドすれば18年5月には商品が届くそうです。

私は1個ファンドしてみようと思います。クラウドファンディングデビューです。

また、鍵は目立つ色を選んだほうがいいらしいので、蛍光黄色にしようかなと思います。

(追記)2018年4月中旬に実物をゲットしました!

ロードバイクの盗難防止におすすめの鍵No.1「OTTOLOCK」軽量&堅牢性のヒミツ

ロードバイク盗難防止におすすめの鍵No.1「OTTOLOCK」レビュー。秀逸なベルト式ロック!
最先端の技術で、軽量性と堅牢性の両立を実現したという...

 OTTOLOCKクラウドファンディングページ

軽量で強度抜群!!
Made in U.S.Aで、既存の常識を打ち破る新しいポータブルロック-OTTOLOCK-