あなたは、ASSOS(アソス)のBMCレプリカジャージを着れる派!?

プロ選手からも支持を得ているスイスのサイクルジャージブランドASSOS(アソス)

私も、初心者ながら噂を聞きつけ、ビブショーツから購入。

「我々はビブショーツのメーカーだ」と言うくらいの自負を持つASSOSだけあって、他のメーカーのパンツと比べると格段のフィット感とバッドの快適性だった。

ASSOS(アソス)ビブショーツ の鉄板3シリーズ。選ぶならどれ?
最近、ビブショーツの検討を続けてます。 Wiggleでも安くて良さそうなビブショーツブランドがあり、 dhbやカステリ、Sportsfu...

上質なサイクルウェアを選びたいなら、一度は、ASSOS(アソス)を試してみる価値はあるだろう。

そんなASSOS(アソス)が、2017年、久しぶりにプロロードレースの世界に戻ってきた。

アメリカのUCIワールドーチームBMCレーシングにウェア供給スタートした。

もちろん、バイクはBMCのチームだ。

プロチームが使うteam machine SLR01は、Ultegraの完成車なら580,000円。

BMCのロードバイクはコストパフォーマンスが良いと思う。

しかも、ロゴがBMCとアルファベットのシンプルデザインで格好いい。

BMCオフィシャルサイト

そんなBMC乗りは、今年はアソスのジャージを着るチャンスだ。

そして、プロチームBMCのレプリカジャージ販売もスタートした。

いよいよ、ツールドフランスが始まる7月に向けて、BMC乗り、もしくは、BMCファンは、これを機にASSOS(アソス)デビューしてはいかがだろう?

少なくともウェアの質は最高なので買って損することは無いだろう。

しかし、プロチームのレプリカジャージは、ちょっと尻込みしたり。

これ着たら結構走れないといけないのかな?とか、

ミーハーっぽくて恥ずかしいと気後れしたりしませんか?

しかも、BMCはレッド&ブラックの超ヒーローカラー

プロチームの中でもかなり主張の強いジャージに仕上がっているのがBMCの特徴だが、これがまたカッコイイ。

左胸には、ASSOS(アソス)のロゴがワンポイントで入っていて、両袖にTAG HEUER(タグホイヤー)ロゴ。

スイスのロードバイク、スイスの時計、スイスのサイクルウェアとスポンサーに統一感もあって、おしゃれである。

でも、チームはアメリカ籍なのが不思議。

そんなレプリカジャージに対する思いもちょっとあったりするものの

そんなに気にせず、デザインの一つとして気に入ったら買い。

かく言う私は、プロチームのレプリカジャージを着れる派。

いろいろ思いつつも、やっぱり好きな選手と同じジャージを着たら盛り上がる。

PINARELLO乗りの私は、昨年のTeam SKYのRaphaジャージをしっかり着てます。

今年は、PINARERROのウェア供給はカステリに変わりましたが、それほど大きくデザインは変わってないので今年はいいかなと思っています。

それにBMCのレプリカジャージは、何と言ってもASSOSメイド。

それだけでも着る価値は十分あると思いますが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

BMCレーシングのレプリカジャージのラインナップ

さて、早速、ASSOS(アソス)のBMCレプリカジャージを紹介して行きます。

2017年初お披露目のジャージですが、デザインはこれまでそれほど大きく変更になったわけではなく、ASSOS(アソス)らしい機能性の高いジャージにBMCのロゴが乗っているという印象。

今年の4月から本格的にレース観戦をしているうちに、ジロ・デ・イタリアも終わり、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネも始まった今ではすっかりこのジャージも見慣れてきてます。

BMC サイクルジャージ

ASSOS(アソス) ショートスリーブサイクルジャージ【ASSOS SS.BMC Jersey】 ¥19,008 (税込)

こちらのレプリカジャージは、スタンダードフィットタイプのカッティングなので、レースタイプほどジャストフィットなタイト感は無い。誰にでも着やすいジャージである。

ASSOSのサイズ感は、178cm 67kgくらいの私でもSサイズがジャスト。

Mを試着したら少しゆったりしすぎる感じがしました。

BMC ビブショーツ

ASSOS(アソス) ビブショーツ【ASSOS T.equipeShorts BMC】 ¥29,160 (税込)

ASSOS(アソス)を買うならビブショーツ!

と言い切りたいほど、大好きなビブショーツ。その中でも一番日記のT.equipeを使ったレプリカビブショーツ。

BMCとTAG Heuer、そしてスイス国旗の十字、アソスロゴ。

腿の両端が、左右で赤黒に分かれたアシンメトリーなのもASSOSらしいアレンジでいいですね。

BMC サイクルキャップ

ASSOS(アソス) サイクルキャップ【ASSOS BMC Cap】 ¥3,240 (税込)

サイクルキャップは、ヘルメットの下に隠れるので、そこまで買わなくてもいいかなと思いつつ、

逆にこのジャージに合うサイクルキャップを探すのも難しいので買ってしまえ!

と勢いに任せそうな気もする。

ASSOS ソックス

ASSOS(アソス) サイクルソックス【ASSOS tiburuSocks_evo8-2 pairs】 ¥4,752 (税込)

ソックスは、BMCレプリカは無いものの、ASSOSで揃えたほうが格好よろしいので、こちらをどうでしょうか。

赤・黒のソックスもあります。

BMCサコッシュ

ASSOS(アソス) サコッシュ【ASSOS BMC MUSETTE】 ¥2,160 (税込)

ジャージまで買うのはちょっと。。。

という人でもBMCファンとして買いやすいのが、このサコッシュ。

ロードレースの補給でボトルや補給食を入れて渡す時に使うショルダーバッグ。

街乗りでちょっとした荷物や財布などを入れるのに便利。

ASSOS(アソス)のBMCレプリカジャージまとめ

以上、アイテム紹介に合わせてリンクも記載しているが、BMCレプリカジャージをこ運輸うするなら、ASSOSの正規取扱店のTOKYO Wheelsの通販がもっとも手軽だ。

今回のBMCレプリカジャージは、限定商品らしく、再販の見込みは無いということなので、気になる人は早めに購入しておくのをオススメしておく。サイズもなくなっちゃう可能性もありますし。

  1. ASSOS(アソス) ショートスリーブサイクルジャージ【ASSOS SS.BMC Jersey】
  2. ASSOS(アソス) ビブショーツ【ASSOS T.equipeShorts BMC】
  3. ASSOS(アソス) サイクルキャップ【ASSOS BMC Cap】
  4. ASSOS(アソス) サコッシュ【ASSOS BMC MUSETTE】
  5. ASSOS(アソス) サイクルソックス【ASSOS tiburuSocks_evo8-2 pairs】

全て揃えるとかなり高額なので、個人的なおすすめは、ASSOSを初めて買うならビブショーツを購入するのはどうだろうか?

ASSOSのビブショーツのクオリティをもっとも味わえるし、意外と普通のジャージとも合わせやすいように思う。

普通のジャージでもこんな感じで前から見たらそれほどBMC感も無い。