FFWD(ファストフォワード)で初めてのディープリムカーボンホイールデビュー!?

【この記事の所要時間は約 6 分です。】

ロードバイクを購入して早1年。アルミホイールのフルクラムレーシングゼロを早々に購入し、一段階上の高速ホイールとして愛用して半年。そろそろ私もディープリムホイールを履いてもいいのではないかと勘違いし始めている。

というのも、今年はシーズンの最初からJ SPORTSでロードレースを観戦し始めた。

ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャのグランツールも全て観戦。21レースを3回、合計63レース。当たり前だが、世界最高峰のロードレーサーとロードバイクが集まっているその光景を見ているうちにディープリムホイールかっけぇと洗脳され始めた。そして、ブエルタ・ア・エスパーニャも今日で終わり、私のディープリムホイールへの欲望は最高潮に高まっている。

しかし、デュラエース、BORA ONE、FFWDなどのカーボンディープリムホイールの種類も星の数ほどあって、いろいろ悩めば悩むほどキリがない。

そこで、趣味の道具は見た目が大事という初心に立ち戻り、直感でロゴがかっけぇFFWD(ファストフォワード)が気になっている。

スポンサー リンク

FFWD Fast Forward (ファストフォワード)カーボンホイール

ffwd

まず、見た目が格好よろしいのが、FFWD(ファストフォワード)のディープリムホイール。

ディープリムホイールはリムの厚みがあるので、通常書くメーカーのロゴが入っていてかなり目立つ。ならば、そのロゴが最もかっこいいメーカーのディープリムホイールを選ぶというのは初心者にとって最適な選択肢ではないだろうか。

それは、私のような初心者にはホイールの微妙な性能差を体感でわかるのは無理だからだ。もちろん、微妙な差は分からないものの、ディープリムホイールに変えた結果、大きく変わった乗り心地は初心者でも流石にわかるだろう。それで十分だと私は思う。

そもそもFFWDはカーボンホイールのスペシャリストを自負して、2006年にオランダに誕生したハイスピードホイールブランドなのだ。ホイール専門のメーカーなので、ホイールに対する情熱はハンパないはず。数ある自転車パーツの中から他のものには目もくれず、ホイールだけを選択して集中して開発を進めているのだ。そのホイールが速くないわけがない。

こだわりの一つがスポーク職人。スポークは全てオランダでマスターの称号を持つ職人の手によって非常に精密に組まれている。

知れば知るほどFFWD魅力的である。まず狙いを定めたのはFFWD F4R。リム高45mmのホイールである。

ディープリムホイールのメリット

  • 高速走行時の空気抵抗が減る。
  • ホイール剛性が高く、パワーロスが少ない。
  • 高速巡航維持が楽。
  • 見た目がかっこいい。

とにかく速く、長く走るための性能に優れているのがカーボンディープリムホイール。ホイールを変えるのが最も自転車の性能の変化を味わえるという。そのホイールをカーボンのディープリムホイールにすればさぞかし素敵な世界が広がるだろう。

ディープリムホイールのデメリット

  • 重い。
  • 横風に弱い。
  • 高い。

しかし、一方でディープリムホイールのデメリットは重さ。さらにリム高があるので、横からの風の影響をもろに受けてしまう。確かに横風が強いと自転車のコントロールは大変である。

そこで、ディープリムのリム高はどれくらいがいいのだろうかと考えた。

ようやく自分の気持ちいい走り方は高速走行と適度なアップダウンのミックスであることに気がついてきた。ヒルクライマーとしては最弱。つまり、グランツールの山岳ステージでは活躍できないが、平坦中心で2級山岳があるくらいのコースが理想。

クラシックレースで言えば、ツール・デ・フランドルみたいなアップダウンのある高速コースが好き。

レースだとわかりづらいと思うので、関東近辺で言えば、「尾根幹」がベスト。あとは「都民の森の五日市からのルート」も好き。高尾山くらいの上りで十分。ヤビツ峠や北からの風張峠はしんどい。

FFWDはリム高のバリエーションももちろんたくさんあるので悩む。

F6R > F4R > F2Rと数字に比例してリム高は引くなる。

F6R

F6R

F4R

F4R

F2R

F2R

多少はヒルクライムもするのであまり重すぎるのは厳しいので、F6Rほどのリム高は過剰かと、しかし、F2Rほどリム高がないと今のホイールと変わらない。こうしてF4Rが今のところの最適解となった。

F2Rは細すぎてせっかくのロゴが見えないの選択肢からは完全に外れる。

しかし、ロゴの迫力とかっこよさならF6Rも捨てがたい。。

一旦、F4Rをネット通販で調べてみる。

WiggleのFast Forward – F4Rのラインアップ

海外通販サイトのwiggleが購入先第一候補だろう。最も安く買える可能性が高い。

現在の円高でさらにお買い得になっている。

wiggle FFWDホイール一覧

wiggleでは、F4Rのクリンチャーホイールとチューブラーホイールが取り扱われていた。

しかもセール対象でかなりお買い得。

F4R クリンチャーホイール

まずは、通常のタイヤ同様チューブをタイヤの中に入れるクリンチャータイプ。赤と白の2色展開。

23%OFF ¥156,412

レッド

Fast Forward – F4R アロイ/カーボンクリンチャーホイールセット

ホワイト


Fast Forward – F4R ホワイトアロイ/カーボンクリンチャーホイールセット

  • 重量 (フロント): 750g
  • 重量 (リア): 910g
  • ホイールセットの重量: 1660g
  • リムの深さ: 45mm
  • リム幅: 22mm
  • リムの種類: クリンチャー
  • スポーク数 (フロント/リア): 20/24 (Sapium CX-Ray、または DT Aerolite スポーク)
  • DARC プロファイル
  • FFWD/DT Swiss デザインのハブ

ホワイトの方がバイクの色を気にせず合わせやすいのでいいですね。

F4R チューブラーホイール

チューブラーホイールは、さらに決戦用のイメージでチューブ一体になったタイヤをホイールに専用の接着剤で貼り付ける。ホイール自体も軽くなるし、タイヤ全体も軽い。クリンチャーホイールと比べてもF4Rは400グラムも軽量だ。

しかも!なんとクリンチャーよりセール価格が魅力的。

41%OFF ¥120,000


Fast Forward – F4R カーボンチューブラーホイールセット

  • 重量 (フロント): 565g
  • 重量 (リア): 685g
  • ホイールセット重量: 1250g
  • リムの深さ: 45mm
  • リムの幅: 22.4mm
  • リムの種類: チューブラー
  • スポーク数 (フロント/リア): 20/24 Sapim CX-Ray または DT Aerolite スポーク
  • DARC プロファイル (Yes/No): Yes
  • ハブ: FFWD/DT Swiss デザインのハブ

チューブラーホイールはディープリムなのにこの軽さ。やはりせっかくディープリムホイールを買うならばチューブラーの方が良さそうだ。

クリンチャーを購入するならば、F6Rのチューブラーホイールを選択しても良いかもしれない。

日本国内の通販サイトでのFFWDの取り扱いは少ない。

楽天市場でFFWD F4Rチューブラーがあったが、148000円(送料別)なので、wiggleの方が3万円も安い。

ディープリムホイールまとめ

FFWDならF4RかF6Rのチューブラーほいーるが自分の用途には合っているように思う。wiggleでは取り扱われていないカラーも検討したい。

> wiggle FFWDホイール一覧

Fast Forward – F4R カーボンチューブラーホイールセット 23%OFF ¥156,412

Fast Forward – F4R ホワイトアロイ/カーボンクリンチャーホイールセット 23%OFF ¥156,412

Fast Forward – F4R カーボンチューブラーホイールセット 41%OFF ¥120,000

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail
スポンサー リンク