自転車バカにプロテインは効くのか?

【この記事の所要時間は約 2 分です。】

ザバス ホエイプロテイン100

自転車のロングライドや夜間トレーニングをすこしずつ始めているのに合わせてプロテインを導入することにした。足の筋力を多少なりともつけたいのに加えて、やはり姿勢を保つ為の筋力、体幹を鍛え始めることにした。

プロテインとは20年以上ぶりの再会。

高校時代ラグビー選手として筋トレにも励んでいたのでプロテインは毎日飲んでいた。当時のプロテインは牛乳になかなか溶けず、粉っぽいままで、正直まずいのを我慢して飲んでいたのだ。そのころもザバスだったように思う。

Kentai ケンタイシェーカー500ml

今回、プロテインシェーカーも導入した。

久々のプロテインをシェーカーに3杯ほど入れ、牛乳300mlちょい。これをカクテルシェーカーさながらに精一杯シェイクする。数十回程度で、プロテインは牛乳にすっかり溶けた。ダマのような塊もほぼなく、うまく混ざってうすいココア色。

いよいよ、20年ぶりにプロテインを飲んでみる。

ごくり

あれ?美味しい。

20年の進化に感動。

普通の500mlパックのココアドリンクが非常に優しい味になったようなイメージでなんともうまい。

あっという間に飲める。

20年前は、粉っぽく、ダマになった塊と10分くらい悪戦苦闘しながら飲んだような記憶がある。

そもそもプロテインは、筋肉作りだけではなく、疲労回復や血液の材料にもなるので、自転車乗りにも雨ってつけだと思われる。

プロテインは、カラダづくりの目的だけでなく、運動後のカラダのケアやリカバリーもサポートしてくれます。
プロテインは、筋肉などの材料になるだけでなく、血液の材料にもなります。血液中に含まれる酸素運搬に関わるヘモグロビンは、有酸素運動に不可欠。
鉄分とともに、その材料となるのがたんぱく質です。

しかも、栄養素も進化を遂げているようだ。

・カラダづくりに欠かせない「7種類のビタミンB群」、体調維持に欠かせない「ビタミンC」を配合しています。

ゴールドジムやライザップに通うような筋肉バカだけではなく、長時間のロングライドで有酸素運動を続ける自転車バカにも、プロテインは最適の栄養補給になってくれるはず。

導入して1ヶ月くらい経ちましたが、心配していたような筋肉が大きくなってしまうようなことはなく、足回りや体幹の腰・腹あたりが筋肉質にきゅっと締まってきたようです。さらに、筋力が増えたので代謝があがったので体重がすこしずつ落ちて健康的に1.5kmほどダイエットに成功しました。



きゅっとしまった体幹や足回りでエンジン強化

ロングライドの栄養補給

Route92

にほんブログ村 自転車ブログ

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail