CYCLE SPORTS 2019年2月号”ペダルはもっとラクに回せる!” 付録防寒トゥカバー&フルクラムカタログ

毎月20日は自転車雑誌の発売日。

2つの雑誌を比較して、1冊購入するのが恒例行事です。

 

結論から言うと、2019年1発目の雑誌は2冊とも買いました。

 

2019年2月号のメイン特集を比較してみましょう。

CYCLE SPORTS「ロードバイクホイール考

 

BiCYCLE CLUB「ペダルはもっとラクに回せる!

 

立ち読みをしてみた結果、先に興味を引かれたのはCYCLE SPORTSの「ロードバイクホイール考」。リムブレーキとディスクブレーキのホイールどちらもチェックできるので、今まさにホイールを買うか、ディスクブレーキフレームを先に買うか、悩んでいるライダーにとって非常に興味深い内容で購入を決定。

 

というわけで、本記事ではCYCLE SPORTS2019年 2月号のレビューをお送りします。

 

 

 

スポンサーリンク

CYCLE SPORTS 2019年2月号コンテンツとレビュー

目次

メイン特集:ロードバイクホイール考

サブ特集:チューブレスタイヤ運用術

サブ特集:冬こそストレングストレーニング

 

それでは、気になる特集とちょっとずつご紹介していきましょう。

 

 

メイン特集:ロードバイクホイール考

最新ロードバイクホイール全32について試乗インプレが特集されています。

今回の大きな特徴は、「ディスクブレーキ用のホイール」を初めて本格的にインプレッションしている点です。まだまだ普及率ではディスクブレーキのロードバイクは少ないですが、今後の普及を見越して2018年の最後のタイミングでしっかりレビューをしておこうという趣旨です。

まだまだ主流のリムブレーキ用ホイールもしっかり17本についてインプレッションされているので、いますぐ使える情報もチェックできる保存版の特集と言ってもいいでしょう。

 

リムブレーキモデル17本

リムブレーキモデルは、このところ動きが少なくなってきており、業界内ではディスクブレーキの新作投入の方を急いでいる状況です。

MAVICは4本のUSTモデルが掲載され、超推されている気がしますが、クリンチャーホイールと比較するために普通のタイヤで試乗しているようです。

他にはカンパニョーロ、ボントレガー、ライトウェイト、ロルフプリマなど定番ホイールが掲載されています。なぜかフルクラム無し。。。

 

ディスクブレーキモデル15本

ディスクブレーキモデルは、ブレーキ面がなくなるのでリムを軽くすることができます。その軽量化された部分をワイド化に割り振り、乗り心地の向上やダウンヒルなどのコーナリングの安定感に振っているのが特徴的です。

 

こちらもMAVIC5本と超推されています。それくらいディスクブレーキ用ホイールをいち早く取り揃えているからとも言えますかね。さすがトップホイールメーカーといえます。

他にはシマノ、フルクラム、カンパニョーロ、ライトウェイト、ボントレガーと有名ホイールメーカーが並びます。まだまだディスクブレーキ用ホイールは少ないので定番メーカーモデルからラインナップが出揃ってきているのかもしれません。

 

ホイールインプレッションは8つの軸で評価されています。

  1. 加速性(低速)
  2. 加速性(高速)
  3. 高速巡航性
  4. 登坂性
  5. 快適性
  6. 制動性
  7. ハンドリング
  8. お気に入り度

8はインプレライダーの注目度ということです。基本的には7までの性能面のインプレを参照すると良いでしょう。

 

 

(参考)ロードバイク厳選ホイールまとめ記事

ホイール系記事一覧

 

 

サブ特集:冬こそストレングストレーニング

冬が深まり、寒さも厳しいのでついつい外への実走に行くのが億劫になっちゃいがちな季節です。ローラー台で室内トレーニングするのもいいですが、割り切って「ストレングストレーニング」をしようという前向きなのか、後ろ向きなのか、受取方によって分かれるかもしれない企画です。

 

ただ、「乗っているだけで強くなるのは天才だけ!」

との刺さる金言でフィジカルを強くしてから走ったらという提案はかなり前向きですね。

 

具体的なトレーニング5種類を紹介されていますが、機材のいらないスクワットなどは取り入れやすそうです。たださらに強くなるには自重だけではなく、負荷を強めるためダンベルなどの道具で筋力アップを狙ったほうが良さそうです。

 

 

(参考記事)

体をアップデートする「ロードバイクスキルアップトレーニング」読書レビュー

体をアップデートする「ロードバイクスキルアップトレーニング」読書レビュー
ロードバイクに乗って、ポタリングやロングライドしてい...

同じスキルアップ系トレーニングとしては、こちらの本は非常に参考になります。特にロードバイクに乗ると膝や腰などの痛みを感じる人は「体幹」を鍛える意味で特におすすめです。

 

 

まとめ

正月休みののんびりタイムがあったので、BiCYCLE CLUB、CYCLE SPORTSともに2019年2月号で熟読しました。冬は物欲を刺激されるというよりも、寒いなりに知識を蓄えるのも良いなと思いました。

 

CYCLE SPORTS「ロードバイクホイール考

 

BiCYCLE CLUB「ペダルはもっとラクに回せる!

 

BiCYCLE CLUB2019年2月号の紹介記事は、こちらです。

BiCYCLE CLUB2019年2月号”ペダルはもっとラクに回せる!” 付録防寒トゥカバー&フルクラムカタログ

BiCYCLE CLUB2019年2月号”ペダルはもっとラクに回せる!” 付録防寒トゥカバー&フルクラムカタログ
毎月20日は自転車雑誌の発売日。 2つの雑誌を比較して、1...

まず、付録の防寒トゥーカバーが使えます。また、ペダリングやポジションのスキルアップ系特集も読み応えありです。