Tacx Neo2 SmartトレーナーもWiggle取扱い開始!海外通販なら6万円安い!

ロードバイク購入から1年。

来る冬シーズンに備え、ローラー台を導入を検討していた。慎重派の私は2ヶ月に渡る検討の末、Tacx Neo Smart を購入しました。

あれから2年、2018年には最新モデルのTacx Neo 2 Smart トレーナーが発売されています。

Tacx Neo 2 Smart トレーナー

この最新モデルも日本では18万円台の価格設定ですが、Wiggleだと11万円台とやはり6万円も安く手に入ります。

しかし、スマートトレーナーのローラー台は値段が高い。

日本での定価は約22万円で、実売価格でも18万円弱でした。

このままの金額では購入は難しい。

そこで得意のネットを駆使して、安心なところでできる限り安い価格で買いたいと検討を進めました。

結果として、海外通販サイトwiggleを利用して購入し、1週間ほどで現物も届きました。

早速、初ローラー台を試乗しましたが、海外輸入でも全く問題なく、Zwiftもすこぶる快調に楽しめました。

海外通販では、日本で購入するより数万円も安い価格でゲットできました。

今回は、海外通販サイトでの購入に至るまでの経緯と検討内容について詳しく説明していきます。

 
 
 
スポンサーリンク

Tacx Neo Smartの購入先をどこにするか?

Zwiftを楽しむためのマンションでもうるさくないローラー台という条件で、Tacx Neo Smart(タックスネオスマート)を購入したいと考えるようになった経緯については、以下の記事に詳しく記載しているので、参考にしてほしい。

Zwift対応おすすめローラー台6選!自動負荷&静かさを徹底比較

Zwift対応おすすめローラー台6選!自動負荷&静かさを徹底比較
ロードバイクに乗りたいけど、時間がない!そんな忙しいライ...

賃貸マンション住まいの身にとって、騒音苦情で使えなくなることは一番のリスクなので、最重視したのは「静音性」

すると、最終候補はダイレクトドライブ式ローラー3台までに絞り込まれました。

ここで問題になるのが、ダイレクトドライブ式のスマートトレーナーは、非常に高額です。

一般庶民の私は、できる限り安い価格で手に入れたい。

保証について考える

保証のことを考えれば、日本国内の実店舗で購入するのが一番です。

もしくは日本の通販サイトでも安心なAmazonが安心です。

yahoo!や楽天のショップでも良いのですが、保証の際は、その商品を通販しているショップと直接やりとりが必要で、ショップ一つ一つの信頼性やサービスレベルを比較して判断するのが難しいのがデメリットです。

amazonであれば、提携するショップが販売しているモノでも、30万円以下の商品は、マーケットプレイス保証でAmazonが保証してくれるのです。

Tacx Neo 2 Smartトレーナーの実売価格を比較!

まずは、日本のamazonでチェックしてみましょう。

定価 195,800円が、183,333円

一方、海外通販サイトwiggleをチェックすると、

Tacx Neo 2 Smart トレーナー  113,999円34%OFF (2019/11/13現在)

2019年10月についに最新モデルTacx Neo 2 Smart トレーナーの取扱いがスタートし、いきなり34%OFF。

やはり、6万円も安い。

この構図は3年前から変わりません。高額のスマートトレーナーの購入を検討されているなら、

海外通販サイトでの高額商品購入の不安材料とwiggleの実態

さて、海外通販サイトでの購入経験豊富な人も少ないでしょう。

しかし、ヨーロッパから遠く離れた島国ニッポンに住むロードバイク乗りにとっては、海外の魅力的なオファーを活用できるのは嬉しいものです。とにかく日本での定価に比べると海外の方が安いものも多いからです。

これは、日本の代理店経由だと、日本レベルの商品提供・サービスを安心して受けられるための安心料金が上乗せされていると考えれば納得がいきます。輸送の心配、関税、万が一の故障など様々な不安材料を代理店が吸収してくれるのです。

お金があるなら国内正規輸入品を買うのがおすすめなのは間違いありません。

ただ、ホイールやローラー台など高価な商品は、割引価格で数万円違うことも多いので、海外通販サイトを賢く使った方がロードバイクの幅も広がるのも事実です。

海外通販サイトに感じる不安材料もどのくらいのリスクなのか改めて、検討してみました

ひとくちに海外通販サイトの不安材料と言っても、いろいろあると思います。

私の不安材料は以下でした。

海外通販サイトの不安材料3つ

  1. 輸送時の保全・梱包
  2. 初期不良、故障時の対応
  3. 税関での関税等

1.の輸送時の保全・梱包は、海外からの長距離輸送による商品故障の不安。

いい加減な通販サイトであれば、そもそも輸送の最中に故障してしまう。もちろん故障してたら返品すればいいが、その手間のリスクはできる限り少ないことに越したことはない。wiggleのネットの評判を見る限り、海外通販サイトの中でwiggleの商品管理状態は非常に良いことがわかった。もちろん、日本レベルの梱包には及ばないが、少なくともトラブルは少なそうである。

参考 wiggleでの完成車輸送

梱包が丁寧であれば、輸送による事故リスクが減り、初期不良リスクだけになるので、日本で買うのとそれほどリスクは変わらないはず。

その点でwiggleは大丈夫そうだと感じました。

2.の初期不良・故障時の対応ですが、これはロードバイク本体やホイール、ローラー台などの精密機械だとかなり気になりますよね。ウェアやヘルメットなどアパレル商品ならあまり気になりませんが。

この点については、wiggleはまず1年間返品保証が付いています。

しかも、万が一の故障による返品の際は、日本国内に返品先があり、自分で海外まで返送する必要がありません。これはかなりプラスです。

そして、サイトも完全に日本語ローカライズもされており、日本フレンドリーです。

>参考 wiggle 商品の返送先住所を日本国内に新設

故障した場合もwiggleへ問い合わせて交換・修理に成功している事例も数多い

>参考 wiggleで購入したガーミンが故障したら

>参考 【wiggle返品顛末記】故障したHRMを送って戻ってくるまで

3.税関での関税についてですが、せっかく安い価格で勇気を出して購入したのに関税や消費税で足が出たら意味がありません。この点については、個人輸入の知識を調べてみるとわかりやすいです。

関税の基本的な仕組み

関税率は、商品の種類や原産国によって細かく分類されています。一般貨物や郵便小包として、課税対象額が ¥200,000 以下 (少額輸入貨物) の物品を注文した場合は、一般関税率とは別に定められた簡易税率が適用されます。ただし、輸入者であるお客様が一般関税率の適用をご希望の場合は、そちらが優先されます。

少額輸入貨物の関税率表については、こちらをご覧ください。
一般関税率については、こちらをご覧ください。

関税の基本税率
1. 課税対象額が ¥10,000 以下の場合、関税と消費税、地方消費税は原則として免除されます。
2. 個人輸入の場合の課税対象額は、ご注文合計金額 (インボイスに記載された商品価格 + 配送料金) に 0.6 を掛けて算出されます。

個人使用を目的として商品を輸入する場合、ご注文合計金額 (課税対象金額) が ¥16,666 以下であれば、関税は免除されます。

基本、自転車の本体、パーツなどの機械には関税がかかりません。

アパレル商品のウェア・シューズなどには、関税がかかります。ただ、その場合は、購入価格の6割に対して10%くらいの関税がかかります。

また、消費税はいずれの場合も輸入価格の60%に対して8%の消費税がかかることになります。

さてというわけで、ローラー台には、関税は掛からないのでゼロ。そして消費税は配達された時に支払います。

12万円のTacx Neo Smartを購入した場合の消費税は以下になります。

消費税 12万円×0.6×0.08= 5760円

実質4.8%です。日本の消費税よりは安いのです。

以上、海外通販サイトで購入する際の不安材料3つについて、Wiggleの実態や法律などを調べました。

いずれも不安材料はだいぶ解消できたのではないかと思います。

Tacx Neo Smartの場合は、日本で約19万円のモノが、12万円と、ほぼ7万円近く安くなるので、この程度なら多少の不安もクリアできるのではないでしょうか。

エピローグ・購入しました。

こうして、私は11月末の大安吉日に、初めてのWiggle購入で、Tacx Neo Smartを購入しました。

2019年現在は、最新モデルのTacx Neo 2 Smart トレーナーもWiggleで取扱い開始して、12万円台の格安で購入できます。


Tacx Neo 2 Smart トレーナー

あわせて、日本だと異常に高値のトレーナーマットやスウェットカバーも購入した。

tacx-trainer-mat1
Tacx – トレーナーマット (折りたたみ式)

tacx-sweat-cover1

Tacx – スウェットカバー

その他Tacx Neo Smartを使用するのに必要なモノ

本体の他にも、Zwiftで遊ぶために、必要なものが2つある。

それは、ANT+ドングルとローラー台につけるスプロケである。

スプロケについて

普段使用しているものと同じモノでもグレードを変えて購入してもいいです。

私はシマノだが、カンパニョーロなど他のコンポにも対応しています。

10Tでもスペーサーが付いています。

スプロケもWiggleで売っているので合わせて購入してもいいと思います。

1世代前のデュラエースなら1万円ちょっととかなり格安でオススメですが、ローラー台専用なので、105でもいいです。ただ、アルテグラもほぼ同じ価格だったのでアルテグラにしました。

shimano-da9000-cass-zoom
Shimano – Dura-Ace (デュラエース) 9000 11スピードカセット

Shimano – Ultegra (アルテグラ) 6800 11スピードカセット

Shimano – 105 5800 11スピードカセット

リッチマンなら最新9100デュラエースを購入してもいいだろう。

dura-ace-r9100-11-speed-11-25-cassette

Shimano – Dura-Ace (デュラエース) R9100 11スピードカセット (11-28T)

ANT+ USBドングル

スマートトレーナーのデータをPCで受診するために必要なアンテナが必要になるのだが、これがないとZwiftと自転車が連動しない。これもTacxのものがWiggleに売ってます。しかし、Windows専用。

tacx-ant-plus-antenna-03

Tacx – USB ANT+ アンテナ (PC 専用)

Macユーザーは、別のドングルを購入する必要があるので注意です。

AmazonでGarmin用のAnt+並行輸入品があり、これを使うユーザーが多い。

が、最新のMacbookやMacbook Proでは動作確認が取れていないようです。

私は1世代前のMacbookで使用していますが、ANT+,Bluetoothともローラー台情報をきちんと認識して、Zwiftと連動できました。

そもそもBluetoothならノートパソコンだけでドングルは必要なさそうです。心拍計がANT+なので私はドングル買いました。

Tacx Neo2 Smartを6万円も安い価格で購入できた方法まとめ

今回の記事の要点をまとめると

  • 海外通販サイトWiggleで6万円安く購入。
  • 在庫があるうちに決断しよう。
  • 周辺アイテムも合わせて購入がオススメ。

Tacx Neo 2 Smart トレーナー

本体に入ってない必要なアイテム

Shimano – Ultegra (アルテグラ) 6800 11スピードカセット

Tacx – USB ANT+ アンテナ (PC 専用)

必要に応じてオススメのアイテム

Tacx – トレーナーマット (折りたたみ式)

Tacx – スウェットカバー

(関連記事)

ローラー台Tacx NEO Smart 購入!その静かさに感動!
ロードバイク購入から1年と少し経った冬。 初のローラー...

Tacx NEO Smartが届いて試乗したインプレもレポートしました。

とにかく、静かで賃貸マンションで心配していた近隣からのクレームの心配は全くなさそう。

冬でも雨でも、これからはいつでもロードバイクを楽しめる環境ができてしまった。

毎日、家に帰ることを楽しみにしてくれるいい買い物だったと思う。

一方で、雨でも雪でも時間がなくてもロードバイクに乗れない理由がなくなってしまったので、全く練習をさぼれない。