春のロードバイク・自転車ウェア選びは、重ね着と末端のケア!

3月を過ぎると春を感じ始める。厳しい冬の後だから、すぐあったかくなるイメージを持ってしまいがちだが、実際、4月中旬くらいまでは意外と寒かったりする。昼1時くらいはあったかいが、夕方になるにつれ、急に気温が下がる。

そんな季節の変わり目の3月から5月までの春先は、薄着すぎても寒いし、冬の装備では暑すぎる。意外とウェアを選ぶのが難しい時期ではないだろうか?

去年は、埼玉の幸手までロードバイクにまたがり花見ライドに出掛けた。

しかし、辛かったのは帰り。春は急に風が強くなる。帰り道は向かい風に煽られ、太陽が雲に隠れると、寒さに震える結果に。

そんな失敗を踏まえ、1日の気温や天候の変化にうまく対応する春の自転車ウェア着こなしのコツとおすすめの自転車ウェアを紹介していく。

スポンサーリンク

春のロードバイクウェア選びのコツは、「重ね着」

まず、春は、ずっと暑い夏やずっと寒い冬と違い。1日の流れの中に、気温の変化が大きい。

例えば、過去7年間の東京の4月15日の気温の年表だ。

同じ4/15でも、最低5.7℃〜最高22.6℃と実に17℃近い気温の変化がある。

春のロードバイクの自転車ウェア選びには、この気温の変化の幅に対応することが重要になってくる。

そして、それをたった一枚で解決するような万能な自転車ウェアは、存在しない。

そこで、春の自転車ウェアの選び方のコツは、「重ね着」を前提にしたアイテム選びである。

もっと言えば、細かい「重ね着」がコツである。

体のパーツごとのウェアを用意して、寒くなったら重ねて着ていくことで、暖かくもでき、暑くなったら、一枚ずつ脱いでいくことで、涼しくもできる。自分の体感温度に合わせて自由に調整できるようするのがコツである。

そして、もう一つ、重要なのが「末端」の防寒対策

ロードバイクはスポーツであるから、走らせている間は筋肉が動き熱を生み出す。特に上半身や太ももなどは、熱を発して、汗をかき暑くなるのだが、運動量が少ない手先、足先は気温が上がっても意外と寒さを感じやすい。

体質にもよるが、冷えやすい人は、春先でも末端だけは冬の装備にしておくなどの対策は有効である。

春の自転車ウェア選び、2つのコツ

  • 細かい「重ね着」
  • 「末端」の防寒

以上2つのコツを実現する春の自転車ウェアの選び方と、特に初心者おすすめのアイテムについて紹介していこう

春のライドを快適にする「重ね着」とおすすめウェア

まずは、「重ね着」、もしくは「レイヤード」アイテムを整理していこう。

ベースとなる基本の自転車ウェアはもちろん持っている人が多いと思うが、初心者の方は特に、重ねるウェアは、しっかり押さえてほしい。

基本となる自転車ウェア

ロードバイクに乗って走るために最低限必要な自転車ウェアを整理しよう。まずは、基本のロードバイクウェアを揃えれば、気温20度前後のときはそれだけで走ればいい。

  • レーサーパンツ/ビブショーツ
  • 半袖ジャージ
  • グローブ
  • サイクルキャップ
  • インナーウェア

サイクルウェアの機能については以下の記事に詳しく書いたので参考にしてほしい。

まずは、ベースウェアから一つずつ説明していこう。

レーサーパンツ/ビブショーツ(初心者は、ここ大事)

まず自転車ウェアの中でもっとも重要なものは「パンツ」だ。

他のウェアは、仮に安めのもので済ませても構わないが、とにかくパンツだけは質の良いものを買うことをおすすめする。それくらいウェアの中でもっとも機能の違いがでるウェアだ。

コストパフォーマンスで選ぶなら、日本ブランドの中でももっとも優秀なパールイズミの中から選ぶのをおすすめする。パッド性能の違いでロードバイクの乗り心地、長距離乗った時の負担が大きく変化する。

レーサーパンツ

初心者が選びやすいのが、レーサーパンツだろう。しかし、もう少し頑張って、本格的にビブショーツを最初から選んでしまうのも手である。私も初心者のうちはレーサーパンツを使用していたが、ビブショーツに変えてからは、レーサーパンツを履く機会はほとんどなくなった。ビブショーツを着て、洗ってまた同じビブショーツを着る毎日だ。

ビブショーツ

腰履きのレーサーパンツと肩紐で釣るビブショーツの大きな違いは、お尻のパッドが安定することだ。

腰履きのレーサーパンツはペダリングするうちに多少ずりさがってしまったり、パンツ自体がどうしても動いてしまう。その点、ビブショーツは肩紐でつられているので、サイズの合ったものを買っておけば、お尻のパッドがずれることは全くなくなる。だから、長時間のロングライドでも安心してペダリングを続けることができる。ビブショーツに変えてからは、お尻の痛みはほとんど感じなくなった。(それなりに走っていたので体幹も鍛えられていたかもしれないが)

それくらいビブショーツはおすすめだ。

半袖ジャージ

ジャージについては、半袖ジャージがいいだろう。春先はこれだけでは寒い可能性があるが、昼の暖かい時間帯は丁度いい。寒いときは後述の「重ね着」ウェアで解決出来る。

ジャージの選び方は、サイクルジャージであれば良いでしょう。通気性や汗の速乾性のある着心地のいいウェアを選ぼう。そして、デザインが気に入ったものは買い。

コスパのいいパールイズミはおすすめだ。

ジャージで注意なのが、レトロジャージ。数十年前のライダーが来ていたようなデザインのウール製のジャージなどは機能性が悪く、チクチクして痛かったりする。まぁ普通にジャージを探していると出会うことはないだろう。

グローブ

グローブについては、指切りのグローブもあるが、春は普通に指先まであるグローブが良いだろう。アーリーウィンター、ライトウィンターなど、少しだけ厚手のグローブが春はまだいいかもしれない。

グローブ着用の目的は防寒だけではない。

転倒時などの怪我の予防や、ハンドルとの摩擦を作りコントロールしやすくしてくれる。プロのロードレーサー、特にベルギーの選手などは素手で乗りこなす人も多いが、初心者はグローブは暑くてもつけて置いたほうがバイクコントロールが安定する。

サイクルキャップ

ヘルメットの下にサイクルキャップをかぶるのは、ロードバイク乗りにとっては基本だ。

頭から出る汗を吸収してくれる。あとはツバで、太陽の日差しから目を守ることもできる。

安くてもいいので1つ持っておくのがオススメ。

インナーウェア(初心者が持つべき★)

さて、初心者があまり気にしない、もしくは着ないのが、「インナーウェア」である。

インナーウェアを初心者が持つべき「ベースウェア」として強調しておきたい

重ね着アイテムではなく、ベースのウェア。

ロードバイクはとにかく汗が大量に出るスポーツである。インナーウェアを着ることで、ジャージの前に汗を吸収し、さらに乾きやすくしてくれる。

これが、ジャージだけだと1枚のジャージが汗であっという間にベタベタになり、乾く暇もなく次の汗でビタビタに。やがてウェアの汗の吸収力が尽きてしまう。

インナーウェアという吸汗性の高いウェアを着ておくことで、汗に悩まされず快適なライドを楽しむことができる。

袖なしか、半袖のモノを1枚持っておくのも良いだろう。

長袖という選択肢もある。

ただ、長袖インナーシャツは脱ぐことができないので、ライド中はずっと長袖になってしまうので、ちょっと肌寒い3月から4月頭くらいまで使うイメージだろうか。基本はジャージに合わせて半袖にしておいたほうが良い。

以上、ロードバイクに乗るときの必須のベース自転車ウェアである。

春に合わせたベースウェアをまずは揃えよう。

寒いときに「重ねる」自転車ウェア

ベースとなる自転車ウェアを揃えたら、あとは、気温の変化に対応しながら「重ね着」するウェアを揃えていこう。

ここで、この重ね着ウェアの選び方としてもっとも重要なのが、「脱いだときに小さく丸めて、ジャージの後ろポケットに収納できる」こと。

ベースウェアと違い、重ね着ウェアは、着たり、脱いだりする前提である。脱いだときに邪魔になっては意味がない。ジャージの後ろポケットに収納できるものを選ぼう。

もちろん、サドルバッグなどに入れてもOKだ。いずれにせよ、省スペースでたたんでしまえるウェアを選んでおこう。

重ね着の収納用にリュックを背負ったりしないで済むようにしたほうがいい。ロードバイクは身軽で乗れれば乗れるほど、気持ち良く、楽しく走れるのだ。

ウィンドブレーカー

まずは、上半身をカバーできるウィンドブレーカー。最終兵器として後ろポケットに忍ばせておく。

この商品は、下の写真のようにぐるぐる巻いて、最後にはポケットサイズまで小さくなる優れものだ。

気温の変化だけではなく、ヒルクライム後のダウンヒルなどの時は活躍すること間違いない。

ウインドベストという選択もある。

わかりづらいが、こちらは袖なしでベストが防風になっているので、強風のときなどは活躍するだろう。体幹をガードしてくれるので袖がなくても意外に暖かい。

アームカバー (初心者が持つべき★)

半袖ジャージから出る腕をカバーするアームカバー。これもなかなか初心者は手を出さないアイテムの一つではないだろうか。春・秋用に長袖ジャージを持つよりは、半袖ジャージに組み合わせて使えるアームカバーがあると、春先や秋などの寒い時期にも半袖ジャージが使いまわせてコスパが良い。夏はアームカバーなしで半袖ジャージを着れる。

長袖ジャージは、意外と季節が限定されるので、最初から「半袖ジャージ×アームカバー」の組み合わせをおすすめしたい

走りだしや肌寒くなったら、腕にアームカバーを装着する。ロードバイクを走らせ暑くなったら外し、丸めて後ろポケットに。

また、寒くなくても日差しが強い時などは、UVカットで日焼け防止にもなったりするので、夏も使うことができる。

レッグウォーマー (初心者が持つべき★)

パンツの下に重ね着できるのがレッグウォーマー。

これもアームカバーと同様、ショートパンツと組み合わせて春・秋に大活躍する。ロングパンツ1枚買うよりもレッグウォーマーを一つ持っておけば、ショートパンツの使用期間が延びるし、体温調整もしやすいのでおすすめ。

特にパンツはいいものに出会うまで、買い足したいので、ロングパンツに手を出す前にショートパンツを2、3枚買い進めていき、レッグウォーマーと合わせれば、春、秋、初冬くらいまでは乗り切れるだろう。

レッグウォーマーを履くだけでも意外と風を防いで、足の寒さが軽減される。

春先の走り出しは寒いのでレッグウォーマーを装着しておき、数十分走ってあったかくなったら、休憩のコンビニなどで、脱いで後ろポケットにしまう。

帰りに夕方になって寒くなったときなどは、再度、レッグウォーマーをつけて走ると良い。

春に寒さを感じやすい「末端」を守る自転車ウェア

冒頭にも書いたが、ロードバイクに乗って筋肉を動かす部分は、春でも動き続けていれば寒さを感じなくなるのだが、運動量の少ない手先や足先などは、寒さを感じやすい。この辺りが致命的に凍えることもある。

特にダウンヒルのスピードで少し寒いなか走ったら、手足の指が本当にちぎれるんじゃないかと思ったものだ。

この「末端」については、春先でも冬用のウェアを採用しておいても良いだろう。

ソックス

ウィンターソックスでも足先はそれほど暑さも感じにくいので春も問題ない。

末端が強い人は、普通のソックスで良いだろう。

シューズカバー

さらに深刻な末端冷え性の人は、つま先だけのシューズカバーをつけてみるのもおすすめだ。

着脱はしづらいのでつけたらつけっぱなしで走ることになるが、防寒性のは上がる。

インナーグローブ

手先については、長指のグローブで十分だとは思うが、念のためという場合にインナーグローブを用意しておくのも良いだろう。

遠くに行きすぎて、夜になってから帰る時に急に寒くなったりすることがあるので、保険としてあってもいいかもしれない。

そこまでせずとも、どうしても寒くなったら、コンビニで軍手とか買って重ね着してもいいかもしれないが。

春の自転車ウェア選びの2つのコツ、「重ね着」「末端」のまとめ

以上のように春の気温差を乗り切るためには、ベースと重ね着と末端がキーワードとなる。

「ベース」となるウェア

  • レーサーパンツ/ビブショーツ
  • 半袖ジャージ
  • グローブ
  • サイクルキャップ
  • インナーウェア

「重ねる」自転車ウェア

  • ウィンドブレーカー
  • アームカバー
  • レッグウォーマー

「末端」を防寒する自転車ウェア

  • ソックス
  • シューズカバー
  • インナーグローブ

以上、春先の気温の変化にうまく対応して、快適なライドを楽しんでほしい。

冬の自転車ウェアに大事な4つのこと。

■ロードバイク人気ランキング2016 TOP30

googleキーワードの検索回数からロードバイクメーカーの人気ランキングを作成。それぞれのメーカーの最新モデルから初心者におすすめの一台をピックアップしました。

■ロードバイクおすすめ記事

ロードバイク人気ランキング TOP30

ロードバイクに乗り始めて1年で買ってよかったアイテム

アマゾンをもっと有効活用する方法

にほんブログ村 自転車ブログ