フェルトAR5最新2017年モデル、スプリンターを目指す初心者におすすめ!

【この記事の所要時間は約 4 分です。】

ロードバイク人気ランキング5位のFELT(フェルト)の2017年モデルも店頭に並び始めて、新しくロードバイクを購入しようとしている人や初心者で購入を検討している人で購入候補に挙げている人も多いだろう。

> FELT 2017モデル

そんなFELT(フェルト)2017年モデルラインナップの中から初心者におすすめのロードバイクを一台紹介する。特にスプリンター、パンチャーに憧れる超高速走行をしたい人にとって、カーボンエアロロードバイクの中でフェルトのAR5はコストパフォーマンス最強の一台である。

フレームの魔術師ジム・フェルト

まず、フェルトを紹介するにあたり、外せないのが創業者のジム・フェルトである。彼の背景はモトクロスのメカニックであった。自身のトライアスロン用ロードバイクを設計し、これが評判となり当時のトライアスロンのスーパースタージョニー・オメーラのトライアスロンロードバイクを設計したのがFELT(フェルト)のルーツである。

トライアスロンロードバイク

最新のトライアスロン用バイクIA1

トライアスロンのバイクは平坦に特化したコースを攻略するため、超高速巡航での空気抵抗を限りなく小さくすることがフレーム設計の至上命題である。現在でもトライアスロンでのトップブランドとして君臨するFELT(フェルト)はそのエアロダイナミクスのノウハウをロードバイクにも持ち込み、近年のエアロロードバイクモデルの進化の一端を担う。

カーボン生成方法も改良を重ね、現在ではトップグレードモデルだけではなく、ローエンドモデルにも惜しみなく採用され、バイクの性能を飛躍的に向上させている。ツールドフランス、世界選手権などでも実績を残すまでに至っている。

そんなジム・フェルトは現在でも現役バリバリで設計を続けており、フレームの魔術師として革新的なフレームを供給し続けている。

> ジム・フェルトロングインタビュー

スポンサー リンク

FELT(フェルト) AR5 2017年モデル インプレ

フレームの魔術師ジム・フェルト率いるフェルトのエアロダイナミクスの最先端の技術を初心者にも味わえるエアロロードバイクのローエンドモデルがAR5である。昨年よりも2万円ほど安くなり、エントリーモデルとして買いやすくなっている。

AR5 マットブラック 8.01kg 278,000円(税抜)

FELT AR5

まず、AR5全体のデザインがマットブラックで統一されていてかっこいい。

マットブラックはジム・フェルトの思い入れの強いカラーリングの一つで、個人的にも派手派手なロードバイクのカラーリングよりも落ち着いていてかっこいいと思う。FELTの大きなロゴも白よりもマットブラックで少し見づらい感じが気に入っている。

エアロロードバイクのフレームらしさ

エアロダイナミクスとは無駄を極限までそぎ落としつつも、レースに必要なフレームの剛性などを損なわないことも重要だ。フェルトは何度も空洞実験をしながら極限まで突き詰めたフレーム設計を行っている。

前からFELT AR5

空気を背後へ流すフレーム形状がエアロロードバイクの特徴。普通のロードバイクに比べると薄い。

Sheetpost AR5

サドルを載せるシートポストの部分も板のような形状で空気抜けをよくしている。

AR5 コンポーネント

コンポーネントは105で統一されており安心だ。エントリーモデルとしては十分なスペックである。

ホイールは、FELTオリジナルのFelt Aero R3だが、ディープリムで高速巡航性が高いホイールになっている。コストも抑えてくれている。

ホイールについては脚力アップに合わせてアップグレードを検討すればいいだろう。最初はあえて重めのホイールで訓練するのが良い。巡航速度30km超がスムーズに出せるようになってから、半年くらいを目安にホイールを良いグレードにすると良いだろう。

FELT公式サイト AR5

おまけ:FELT(フェルト) AR5におすすめのホイール

エアロロードバイクにはやはりディープリムホイールがおすすめだ。

ただ、リムハイトが高ければ高いほど空力も向上するが、横風に弱くなるので注意。

50mmを超えてくるとロングライドというよりは、高速周回、高速タイムトライアル数十キロなどの決戦用だ。しかし、プロのロードレーサーは180kmくらいのコースでもリムハイトが高いホイールをつけていたりするので、脚力に自信があれば全然問題ない。

以下に定番ディープリムホイールのおすすめをピックアップしてリムハイトの異なるホイールを紹介する。カーボンのディープリムホイールなので、どれも10万円を超えるが、価格に匹敵するほど、走りも大きく変えてくれる。

シマノ

Shimano – Dura-Ace (デュラエース) 9000 C35 クリンチャーホイールセット

Shimano – Dura-Ace (デュラエース) 9000 C50 クリンチャーホイールセット

Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 35 クリンチャーロードホイールセット

Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 50 チューブラーロードホイールセット

Fast Forward – F4R カーボンチューブラーホイールセット

Fast Forward – F6R カーボンチューブラー 240s ホイールセット
購入先としておすすめなのが海外通販サイトのwiggle。定期的にセールを実施するので、定期的にチェックして、いいタイミングを見て買うのがいいだろう。

現在もwiggleではクリアランスセール中なのでセール対象のものは購入のチャンスである

> wiggle ホイールセール対象品

> wiggle クリアランスセール

■ロードバイク人気ランキング2016 フェルトは何位?

■ロードバイクグッズおすすめ記事

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail
スポンサー リンク