♪自転車でBGMの最終兵器 サイクリングボトル型スピーカー♪〜

【この記事の所要時間は約 4 分です。】

ロードバイクやクロスバイクでポタリング中、目的地まで何の変哲も無い道を進んでいるときがある。そして、それが街中で、平坦のどストレートの道だといい加減飽きてくる。そんなとき、車のドライブのようにお気に入りの音楽を聴けたらいいなと思ったりする。

でも、基本的に自転車の走行中にヘッドフォンは禁止です。(※正確には、周囲の音が聞こえない状況での走行は禁止。)

そこで、私は以前、骨伝導ヘッドフォンを導入しました。

骨伝導ヘッドフォンのMars boyは耳ではなく、こめかみに音楽の振動パッドを当てるタイプなので、周囲の音が聞こえるし、気になっていた音質も思ったより十分。いずれにせよ、自転車に集中しだすと音楽はあまり気にならなくなるので、あくまでBGMとして音楽が少し離れたところで流れている環境にアンルので、ちょうどいい。

また装着感ですが、サングラスをつけて、骨伝導ヘッドフォンを被せるようにつけて、さらにヘルメットをかぶっても全く問題ありません。さらに、音楽を聞かないときは、骨伝導ヘッドフォンだけを首回りにおとしてひっかけておいても落ちることもないので、走行中の気分で付け替えても邪魔になる心配はありません。Bluetooth接続なのでケーブルもないので走行中も気になりませんし、ジョギングなどのスポーツ向けのヘッドフォンなので、防汗性能もバッチリです。夜のジョギング中にバッチリイヤフォンはめて走っている人がいますが、あれも危ないので骨伝導ヘッドフォンにした方が良いと思いますが。

さて、そんな、骨伝導ヘッドフォンでも、ヘルメットにサングラスにさらにつけるのはちょっと苦手という人や、これからの夏の季節は暑くなるので嫌だという人もいるかもしれません。また、自分だけではなく、一緒に走っている人と音楽を聴きたいというニーズもあるかもしれません。そんなときに使える最終兵器がAmazonになりました。

スポンサー リンク

サイクリングボトル型スピーカー “THE CYCLING SPERAKER MB-S100B”

ボトル型スピーカー

ボトル型スピーカー

見た目の通り、サイクルボトルの形をしている音楽再生スピーカーです。

音楽と一緒に走るスピーカーです。

スピーカーについては、一度考えたことはありましたが、まさか、ボトル型のスピーカーがあるとは知りませんでした。この形であれば、新たにネジや工具などでスピーカーを付ける必要はありません。愛車のロードバイクやクロスバイクにつけているボトルケージに差し込めば準備完了。SDカードに入れた音楽や、Bluetooth接続で自分のスマホやプレイヤーの音楽を再生することが可能。

サイクリングボトル型スピーカー”THE CYCLING SPERAKER MB-S100B”の仕様・スペック

micro SDカードも対応

  • Bluetooth対応(iPhone,Androidスマホ接続可能)
  • ドリンクボトル型。自転車、車などのボトルケージ、カップホルダーに収納可能。
  • 8時間連続使用可能。充電はUSB
  • 防滴性能IPX4 雨天、アウトドア(海、山、プール)、浴室で使用OK
  • micoroSDカードで、MP3/WMA形式の音楽を再生可能
  • ステレオスピーカー 2Wx2

気になる音質、音量はAmazonのレビューを読む限り、そこそこみたいですね。もちろん最高音質を求めるの酷なので、密室ではない屋外で走りながら音楽を聴くのには問題なさそうです。

使いどころは、ポタリングや仲間とのライド。そして目的地での休憩中のBGM

骨伝導ヘッドフォンでも一人で走行中は、全く問題ないので、せっかくの面白いスピーカーですが、必要ないかなと思いましたが、スピーカーがいい局面では活躍してくれそうです。

仲間と一緒に走っているときに一緒に聞くことができるので、あまり本気で走るときではなく、ポタリングで鼻歌交じりに走るようなシチュエーションに向いてそうですね。クロスバイクやミニベロと相性が良さそう。

あとは、自転車に乗っているとき以外のアウトドア。自転車で海まで行って、海岸でまったり音楽を聴くとか、キャンプ中のBGMなど自転車から降りたシーンでも活躍してくれそうです。あとはお風呂中のスピーカとしても。

ただ、難点は、ボトルケージが一つ潰れることですね。ロードバイクには2つボトルケージがありますが、夏は2つともボトルにしておきたいところ、やはり、ボトルに余裕のあるポタリング時くらいしか使わないかも。

そして、もう一つ大きな問題は、スピーカーから流れる音楽は、当たり前ですが、周りの人にまる聞こえ。自分の選曲に自信を持ち、恥を捨て去る根性が必要になる。

気分は石焼イモのおじさんかも。ぜひみなさんはハイソなR&Bに乗って町中を走っていただきたい。私は趣味を疑われるような青春ロックでひた走ります。

ま、この辺の羞恥心は、ビブショーツで、コンビニでもファミレスでも、表参道のおしゃれカフェでも、どこでも全く気にせず行けるようになった今となっては問題なさそうです。

色は、Whiteもあります。

Route92

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail
スポンサー リンク