ロードバイク用ヘルメットの最高峰KASK(カスク)のProtone購入・インプレ

【この記事の所要時間は約 7 分です。】

自転車系の海外通販サイトWiggleの年末年始セールの機会を狙って、悩みに悩んだ末に、KASK(カスク)のヘルメットProtone(プロトン)を購入した。

ヘルメットに数万円!その価値はあったのか!?

早速、KASKのヘルメットの詳細とともにインプレをレポートする。

KASK(カスク)はヘルメット専門のイタリアメーカー

イタリアに本拠を置くKASK社は、ヘルメットの設計と製造を専門に行っている企業。創業は2004年とまだまだ若い会社ですが、KASKが開発する高品質のヘルメットは、自転車、スキー、登山、建設現場など、様々な分野において、最先端のヘルメットとの呼び声も高い。

特に近年のツールドフランスを勝ちまくっているチームSKYがヘルメットとして採用しているのでロードバイク界で、KASKのヘルメットは一躍有名になった。

そのヘルメットに特化した最先端の技術を生かして、ロードバイク用ヘルメットも様々な種類を投入している。

KASKのラインナップ中でも、特に気にしていたのが、Protone(プロトーネ)。

写真のように絶対エース フルームもレースで実際に使用しているが、通常のヘルメットでは、前面が少し尖った流線型の形が多いが、Protone(プロトン)は自然な丸みを帯びていて、通気口が大きく開いているデザインが特徴的で、他のブランドと比べて、コテコテ感がなくてなんともかっこいい。

もちろん、デザインだけではなく、KASKの中でも上位モデルなので、機能性も抜群だ。

> KASKオフィシャルサイト

軽さ・フィット感・デザインの3拍子揃ったProtone!

ヘルメットを選ぶ際に重視するべきポイントは以下の5つ。

  • 安全性 頭を確実に守る
  • 通気性 ヘルメット内に空気を通し快適に
  • 軽量性 長時間乗っても疲れない
  • エアロ 空気抵抗を減らす
  • 調節性 頭に合わせてぴったり調節できる

公式サイトではモデル別に5段階評価されているが、Protoneの評価はオール4である。全てを高いレベルで達成しているヘルメットであることがわかる。

  • 機能性 ★★★★
  • 通気性 ★★★★
  • エアロダイナミクス ★★★★
  • 価格 ¥34,000-
  • 重さ 230g (Msize)

※ちなみにオール5のヘルメットはない。タイムトライアル専用のエアロヘルメットなどがエアロダイナミクス5の評価を得るが、通気性を犠牲にしていたりするので、オール4はKASKの中でもロード用のバランスとして最高評価のヘルメットとなる。

このKASKの最高峰のロードバイク用ヘルメットProtoneだが、お値段も34,000円(税抜)とさすがお高い。

アマゾンでも業者がほぼ定価で展開しています。

そこで、おすすめの購入先はやはりWiggle。

> Kask – Protone ロードヘルメット

時期やカラーによって変動あるが、24,000〜27,000円と20〜30%OFFの値段で購入できるチャンスが多いので、それを生かすと日本よりお買い得に購入できることが多いです。

私が購入した時はクーポンもあったので、表示価格よりさらに3000円ほど安く買えました。

※注意は、本体価格の6割に対して、消費税6.3%、関税5%がかかります。27,000円でプラス2,000円ほどかかる計算。日本で29,000円くらいで買えるなら日本で購入して問題ないと思います。支払いは海外郵便で届いた時に配達員さんに現金で支払います。

スポンサー リンク

KASK(カスク) Protone インプレ

wiggleで購入すると通関もあるので1週間ほどで、家に到着!早速、開封の儀です。

KASKのロゴが大きく入ったパッケージ。

購入サイズはLサイズ59cm〜62cm。Mサイズは52〜58cm

結構、サイズは悩んだポイントで、実際に自分の頭周りを図ると、57cm〜58cm。サイクルキャップを基本的にかぶるので、一回り大きくした方がいいだろうと思い、Lサイズに決めました。

結論から言うと、これが大正解。帽子を被らないと多少大き目ですが、帽子をかぶってみると計ったようにぴったり。Mサイズだと小さい可能性がありました。

さて、箱は開けます。

スライドするように箱を開いていくと、

中からビニールに丁寧に包まれたProtone(プロトーネ)とご対面!

海外から遠路はるばるやってきた疲れは全く感じません。海外通販では包装がいい加減というイメージがありますが、最近は全く問題なさそう。特にWiggleは日本語サイトもしっかりしているので日本市場に結構本気なので、クオリティ高い。

ビニールから取り出し、横から眺める。

チームSKYのレプリカカラーはさすがに恥ずかしいので、スタンダードの黒・青を選択。

愛車のカラーが、黒青なのでどうしても黒青を選んでしまいがち。

ちなみにProtoneもカラーバリエーションは豊富なので、自分のバイクに合わせて選べばよいでしょう。

> Kask – Protone ロードヘルメット

カラーバリエーション例

ちなみにこれまでのOGKのヘルメットと比較するとこんな感じ。

まず値段が全然違う。

流線型ではなく、丸い感じのでデザインとカラーリングの感じ、質感、ロゴのかっこよさ。まず見た目の美しさがわかるでしょうか。

続いて正面から。

通気口ががっつり開いていて、通気性の高さが見た目からもはっきりわかります。

冬はむしろ寒そうです。インナーキャップを工夫しないといけないかも。

OGKのヘルメットと比較しても通気口の大きさの違いがはっきりとわかります。

そして、後ろから

しっかり風を後ろに通してくれます。

ProtoneはエアロダイナミクスもKASKの中でも高いモデルなので、実走が楽しみ。おそらく、エアロ感は全くわからないと思いますが。。。

KASK Protone のフィット感は最高

実際かぶってみた。

下にサイクルキャップをかぶっている状態で、あごひもを多少調整しただけで、ビシッと決まりました。

そして、すごいのが背面のアジャスター

ちょっとわかりにくいのですが、このアジャスターが上下に動きます。

このおかげで、頭の丸みに合わせて、後頭部の下に回り込んだ場所でアジャスターを締めることができる。

このおかげで、下からビシッと頭を締めることができます。この固定力が素晴らしい。きつく締め付けなくても、頭を振ってもヘルメットが全くずれない。

OGKの時はアジャスタをきつく締め付けてもカタカタずれたものです。

もちろん、重さ230gという軽量で遠心力も小さくなっている恩恵もあるだろう。

しかし、このホールド感は素晴らしい。

KASK(カスク) Protone 5段階レビュー

  • 安全性 ★★★★ (日本のJCF認可はないので日本のレースは使えないらしい)
  • 通気性 ★★★★★ ヘルメット内に空気を通し快適に
  • 軽量性 ★★★★★ 軽い!手に持ったらわからないがかぶると違う!
  • エアロ ★★★★  わからないけど多分、空気抵抗は小さい!
  • 調節性 ★★★★★ アジャスターが上下に動き、あごひもが革製でしっとりした装着感

安全性については、落車しなければわからないので、一生わからなくても良いが、ツールドフランスでチームSKYの人が落車してくれていたりして実績は十分なので問題ないだろう。

特筆すべき点は、やはり通気性と調整性がかなり進化しているところだろうか。このフィット感と調整のしやすさ、そして、デザインと一体化して格好いい通気口。これがProtoneの魅力だと思う。

注意するポイントとしては、日本自転車連盟の審査を通していないので、JCFのシールが付いていない点。レース参加する人は、、日本国内ではJCF系のレースでは使えないので注意。ロングライドやファンライドイベントでは全く問題ないのそのあたりは気にせずに。

と思って念のため調べていたら、2016/12/12の日付で、日本自転車競技連盟の公認ヘルメットのリストにKASKのProtoneなどのヘルメットも記載されている。公認!安全面も全く問題なさそうですね。

ちなみにさらに調べると、富士ヒルクライムなどのヒルクライム大会はおおよそ問題なく出場できるようです。よりガチ系のレースでは必要と考えればよさそう。ツールド沖縄などの日本自転車競技連盟のルールに準拠する大会は、JCFシールが必要。大会ページを見るとわかるので出たい大会がある人はチェックしてください。

もう少し待てば、KASKのヘルメットにもJCFシールが付いてくると思われます。どこかで、貼ってもらえないのかな。

唯一の不満点は、やはり価格。OGKの格安ヘルメット6個分くらいの価格。

ただ、ロードバイクは伊達と酔狂でやる趣味だからまぁアリか。デザインとか気分を盛り上げるためのアイテムとしてこのヘルメットのテカリ感は、かなり走るモチベーションを上げてくれる。

もう少しリーズナブルなKASKならMojito(モヒート)

価格で選ぶならMojito(モヒート)

mojito_2016

  • 機能性 ★★★
  • 通気性 ★★★
  • エアロダイナミクス ★★
  • 価格 ¥20,000-
  • 重さ 220g (Msize)

性能がちょっと落ちるがそれでもKASKのヘルメットである。

こちらもWiggleなら14,000〜17,000で購入できる。

Kask – Mojito ロードヘルメット

16666円以下は関税が免除されるので、消費税のみになるので600円くらい追加でかかるイメージになるでしょうか。

まあ、さほどお得感もないので、日本で購入してもいいかもしれない。14000円になってたら買いかなと。

その他のKASKモデルも検討する人は以下のリンクからどうぞ

>KASK(カスク)ヘルメット Wiggle

オークリーのサングラスを合わせて

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail
スポンサー リンク