ガーミンエッジ820J新登場!全シリーズを比較検証。買うならどれ?

【この記事の所要時間は約 5 分です。】

ロードバイク乗りならだいたい持ってる「Garmin edge(ガーミンエッジ)」

その中の真ん中のグレード800Jシリーズの最新モデル820Jが2016年9月28日にいよいよ発売される。

これで、ガーミンエッジは、1000J、820J、520Jが最新モデルのラインナップとなった。

私は悩みに悩んで12月に1000Jを購入した。

このときの悩みはいかにあるが、ナビ機能の有無とGPSの精度を決め手になり、1000Jを購入に至った。

さて、最新の820Jはどんな機能が追加されたのか。

1000J、520Jとの比較も含めてまとめていく。

スポンサー リンク

Garmin edge ガーミンエッジ シリーズ 比較

前述の通り、3つのシリーズがサイクルコンピュータのガーミンエッジにはラインナップされている。

  • 1000J ナビ、高精度GPS、wifi 69,800円(2014/11/7発売)
  • 820J ナビ、高精度GPS、wifi、新機能も 59,800円(2016/9/28発売)
  • 520J 高精度GPS、bluetooth  49,800円(2015/10/15発売)

> ガーミンエッジ公式サイト

ほぼ、1年間隔でどれかを新しくするというガーミンエッジのサイクル。次は来年1000Jのバージョンがアップするのでしょうか?

今回の820Jのアップグレードにより、1000Jを超えたようです。これまで800シリーズはGPSの精度が悪かったが、今回は改善されたようだ。

wifi、bluetoothの追加も結構便利で、家に帰ると同時にサイクルログを自動でアップロードしてくれるのがとっても便利。bluetooth携帯との連動ではgarmin connectアプリとの連動も可能だが、携帯メールと電話の着信がガーミンエッジの画面に告知される。

また、820Jのサイズは520Jと同じコンパクトサイズになったのもGoodポイント。そして、地図機能、ナビ機能があるのが520Jとの大きな違いとなる。

1000Jとの比較では、820Jの方が新機能が増えている結果に、すでに1000Jを買う理由はなくなってしまった。

ガーミンエッジ820Jの新機能は2つ


ガーミンエッジ820J

小型化、軽量化されたが、タッチスクリーンで高解像度が、wifiにも対応するなどかなり満足度の高いモデルになった820J。さらに新機能が2つ用意されている。

「Group Track」

edge820_grouptrack1-half_350

最大の特長は『Group Track』機能。従来の「Live Track」は自身の位置をウェブ上で公開するのみに留まっていたが、『Group Track』は複数メンバーの位置情報を各自で共有できる。

集団から離れてしまっても、Garmin Connect™を通じてデバイスをペアリングできるので、サイクリング仲間を追跡でき、仲間もあなたを追跡できる。

「事故通知機能」

edge820_incident2-half_350

ガーミンエッジ820Jに内蔵の加速度計による事故検出機能があり、トラブルにあった場合にあなたの位置情報を緊急連絡先に送信してくれる。

仲間がみんな820Jを持っているという前提が必要だが、Group Track機能はなかなか便利かもしれない。脚力の違うメンバーで走っても相手の現在地がわかれば安心もするし、視界から消えても一緒に走っている感じがあるのは良い。さらに競争心も盛り上がるので楽しそうだ。

いよいよ近未来!Varia J Visionも発売。

さらに、同じ9月28日に、サングラスに後から装着できるHUD「VariaJ Vision」も発売される。視界を落とすことなく、Garmin edgeの内容を確認することができるのだ。

ガーミン1000J、820J、520Jの全てに対応するので、820Jを買わなくても利用することはできる。

Varia J Vision

もはやDRAGON BALLのスカウターである。

前を行くローディの走力を数値で表示してくれる。のは嘘です

説明するより動画を見た方がイメージは湧きやすいので、どうぞ。

1分30秒ほどで、近未来感がわかるだろう。

ガーミンのサイクルコンピューターに表示される各種情報が目元の小型ディスプレイに表示されるので、スピードなどはもちろん、ナビの情報や後方からの車両接近も通知してくれる(VariaJ リアビューレーダー搭載時)

しかし、49,800円(税別)はちょっと高い気がする。この値段なら、走力を数値化するスカウター機能は必要だろう。

ガーミンエッジ820Jまとめ

以上、820Jと1000J、520Jと比較してきたが、これから買うのであれば、820Jで問題ないだろう。


ガーミンエッジ820J

購入するならシリコンケースも購入するのはおすすめ。落ちた時など安心だ。


ガーミンエッジ820Jシリコンケース

地図機能がいらない、10000円は他のことに使いたいという人は、520Jを選択しても良いだろう。ナビ機能はほとんど使用しないのでそれでも個人的には問題ないと思う。Group Trackがちょっと気になるので私は1万円出して820Jを購入しそうだが、周りに持っている人がいないので結局出番がないというオチになりそうだ。

Garmin820J amazon でも取り扱い開始しました。

1000Jはもう買う理由はないだろう。個人的には来年のバージョンアップに期待している。その時に買い換えようと思う。

■ロードバイクグッズおすすめ記事

冬の自転車ウェアを考える。

ロードバイクに乗り始めて1年で買ってよかったアイテムを選りすぐって紹介。

アマゾンをもっと有効活用する方法

自転車関連のセール・お買い得情報

・20%OFF Amazon自転車ウェアセール(2016/12/12まで)

プライム会員限定で自転車ウェア含むファッションアイテムが全品20%OFFのキャンペーンを実施中。

> 全品20%OFF Amazon自転車ウェア一覧

・最大5700円OFF Wiggle 自転車ウェアセール (2016/12/16まで)

最大5,700円OFF Wiggleサイクリングウェアクーポン

Route92

ロードバイクブログランキング

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail
スポンサー リンク