TREK(トレック) DOMANE 2017モデル ALR, S, SL追加発表。買うなら、どれ?

【この記事の所要時間は約 8 分です。】

春先のTREK DOMANE SLRの発表から、トレックは2017年モデルを続々発表している。

クロスバイクのFXシリーズラインナップを先日寄稿した。

そして、ついにDOMANEドマーネの一般人レベルのグレードの2017年モデルが発表された。

カンチェラーラのためのバイク DOMANE ドマーネ

カンチェラーラのためのバイク DOMANE ドマーネ

2016年で引退を表明するカンチェラーラのために開発されたDOMANE(ドマーネ)。

ヨーロッパの荒れた石畳をものともしない振動吸収力に特化したISO SPEEDと呼ばれるフレーム設計で、ロングライドに最適のエンデュランスロードバイク、それがこのDOMANE(ドマーネ)である。

リアIso Speed

普通のロードバイクでは、フレームとシートチューブは一体化しているが、DOMANEは、シートチューブをフレームから独立させて、振動に合わせてたわむことで振動吸収性能が2倍になった。その乗り心地は垂涎と伝え聞いていた。そして、2017年、最新モデルではどのような改良がされているだろうか。早速スペックを調べてみた。

TREK DOMANE トレックドマーネ2016年 VS 2017年

個人的な印象だが、2016年のDOMANEは、カラーリングが今ひとつ。

例えば、初心者が買いやすい価格帯のTREK DOMANE 4.3はこんなカラーリング。

DOMANE 4.3 ¥263,000

DOMANE 4.3 ¥263,000

このDOMANEを見るたび、カブトムシを連想してしまう。悪い意味ではないが、どこか仮面ライダーなどヒーロー・戦隊モノが想像される。大人のロードバイクとしてはもう少し落ち着いたカラーがいいのではないだろうか。

ロードバイクは派手派手カラーの派手派手ジャージという通説はあるが、私はどちらかというとチームスカイのようなシンプルなカラーリングがこれからは良いと思う。

サイクルウェアもRapha(ラファ)やASSOS(アソス)などの大人系デザインのラインナップが増えて欲しい。

そんな我々の思いを知ってか、2016年カブトムシだったドマーネが、2017年モデルでは、かなり素敵なカラーリングになって進化している。

2017年のドマーネのカラーリングはこうだ!

TREK DOMANE S5 ¥249,000

TREK DOMANE S5 ¥249,000

カブトムシ・ドマーネ4.3と同じクラスで、初心者のトレックのカーボンロードバイクの第一候補になると思う TREK DOMANE  S5 Black/Black。そして、4.3に比べても価格も14,000円ほど安くなっている。スペックも比較してみたが、ほとんど変わっていない。コンポーネントのパーツが少し変わって数百グラム重くなっているが、初心者にはわからないだろう。

同クラスのドマーネには、もうひとつのカラーバリエーションもある。

TREK DOMANE S5 カラバリDeep Dark Blue/Roarange

TREK DOMANE S5 カラバリDeep Dark Blue/Roarange

こちらは、2016年モデルに近いイメージ。黒にオレンジ。ジャイアンツファンにはおすすめだが、やはり上のBlack/Blackのカラーリングの方がいい。

カラーリングだけで文字数を割いてしまったが、それくらい今年は落ち着いたカラーリングのラインナップが増えているので、大人には嬉しい進化であろう。

スポンサー リンク

TREK DOMANE トレック ドマーネ2017年ラインアップ

2017年DOMANE(ドマーネ)のラインナップを順を追って紹介していこう。

TREK DOMANE トレック ドマーネALR4

まず、フレーム素材がアルミニウムのTREK DOMANE ALR4。

TREK DOMANE ALR4 ¥169,000ー

TREK DOMANE ALR4 ¥169,000ー

2016年の同クラスのDOMANE2.3との大きな違いは、コンポーネントが105から下のTiagraのグレードになったこと。その代わりに価格が3万円安くなり169,000円と初心者にとって買いやすい価格になっている。

初心者にとっては、コンポーネントの違いは分かりづらいと思う。105とTiagraの違いは、リアのギアの歯の枚数。105が11枚に対して、Tiagraは10枚となっている

近年では、レース参加を目指すなら、105以上のグレードにしておくのが通説なので、ここでドマーネ ALR4を購入するか否かが分かれる。

さて、個人的な見解だが、ドマーネの売りはその乗り心地の良さだ。しかし、アルミニウム素材のフレームは基本的に硬い乗り心地と言われている。ここに矛盾を感じる。確かにISO SPEEDテクノロジーというシートチューブを独立させる機構はアルミニウムで再現しているが、素材もカーボンであった方がDOMANEのコンセプトに合うだろう。

逆にアルミのフレームならば、その素材の剛性の高さを伸ばす方が素材の妙味があるのではないかと感じる。そういう意味では、DOMANE ALRは疑問符のつくバイクである。

いきなりカーボンフレームでは高価すぎる人向けたエンデュランスロードという位置付けとは思うが、この価格帯であれもこれも満たそうとしても、中途半端になってしまうだろう。同じ、アルミニウムのフレームならEMONDAの軽さの方が入門ロードバイクとしても早く軽快に走れて、初心者にとっても喜びが多いのではないかと私は思う。

TREK EMONDA ALR5 ¥199,000- 8.4kg

TREK EMONDA ALR5 ¥199,000- 8.4kg

EMONDA ALR5は、DOMANE ALR4に比べて1kgほど軽いし、コンポも105である。確かに乗り心地は多少硬いだろうが、試乗した限りはそれほど気にならなかった。どうしても乗り心地が気になるならば、タイヤの太さを23cから25cにしたり、ホイールを変えるなどの足回りの調整でEMONDAも変わると思う。アルミフレームに乗り心地を求めるよりは、クイックな反応と軽さを求めた方が良いのではないだろうか。

TREK EMONDA最新モデルの記事も書きました。

というわけで、DOMANE ALR4シリーズはあまりオススメではない。しかし、去年よりは安くなっているからありかなーという感じ。

 TREK DOMANEトレック ドマーネ Sシリーズ

TREK DOMANE トレック ドマーネ S4、S5、S6とラインナップされているSシリーズ。カーボンフレームのロードバイクで、数字の違いはシンプルにコンポーネントのグレードの違いとなっている。

TREK DOMANE S4 ¥235,000- コンポTiagra

TREK DOMANE S4 ¥235,000- コンポTiagra

TREK DOMANE S5 ¥249,000- コンポ105

TREK DOMANE S5 ¥249,000- コンポ105

TREK DOMANE S6 ¥359,000- コンポ Ultegra

TREK DOMANE S6 ¥359,000- コンポ Ultegra

S4とS5は15,000円しか変わらないので、まずS4はやめていいだろう。S6は一気に11万円も値段が跳ね上がる。コンポがUltegraになっただけではなくホイールのグレードも上がっている。しかし、正直、ホイールは後から気に入ったものを自分で買う方が良いので、このグレードならS5一択だと思う

ただし、カラーリングがS4がいい、S6がいいというのであれば、自分の好みのフレーを選んだ方がいい。コンポは後から変えられるが、フレームカラーは後から変えられないからだ。最初に好きな色やデザインのフレームから入るが個人的には正しい選び方だ。

上の写真以外にもカラバリはあるので詳しくはトレックのオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

結論から言えば、ドマーネの欲しい初心者にはTREK DOMANE S5がオススメだ。

TREK DOMANE トレック ドマーネ SLシリーズ

さて、Sシリーズからさらに1グレードアップしてSLシリーズ。SL6と SL7があります。

Sシリーズとの大きな違いが、フロントISO SPEED。これまでのリアのISO SPEEDだけではなくフロントのハンドル部分に振動吸収をする機構が導入された。さらに上位グレードのSLRと同じ機構がこのSLグレードにも採用された。

Front Iso Speed

Front Iso Speed

リアIso Speedほど見た目にはわかりやすくないが、フロント周りの振動を軽減してくれる。手に対する負荷はかなり軽減され、長時間の凸凹道を走った時のような手のしびれから解放されるだろう。ここが2017年の DOMANEの大きな変化である。

SL6とSL7の違いは、電動コンポになっているかどうか。SL7はUltegra  Di2を採用しており、機械式ではなく、スイッチを押すだけで、電動のシフトチェンジができる。これで10万円違う。お金持ちは是非。

TREK DOMANE SL6 ¥410,000-

TREK DOMANE SL6 ¥410,000-

TREK DOMANE SL7 ¥510,000-

TREK DOMANE SL7 ¥510,000-

最新モデルという意味では、このSL6からが最新と言えるだろう。前も後ろも振動を吸収してくれるので、長距離を乗り続けるロングライダーや旅乗り派のライダーには特におすすめだ。

TREK DOMANE(ドマーネ)まとめ

最新モデルのSシリーズ、ALRは2016年モデルと大きな仕様変更はなく、その分、価格が安くなっている。去年から欲しかった人にはこのS、ALRシリーズはお買い得だ。

最新モデルで差をつけたい人には、SL6がいいだろう。SL7はちょっとオーバースペックだ。

そして、最初の一台として適度なコスパのロードバイクが欲しい人、特にロングライドを快適に走りたいという人には、S5が最もコスパがよくおすすめだ。

さらに上のクラスのSLRシリーズについては、以前、TREK STOREに見学に行った時の記事があるので、参考にどうぞ。

ロードバイク初心者ガイドブックのおすすめ

■ロードバイク人気ランキング2016 トレックは何位?

googleのキーワード検索数からロードバイクメーカーランキングを独自に作成。メーカー別に初心者におすすめの一台も紹介。

■ロードバイクグッズおすすめ記事

冬の自転車ウェアを考える。

ロードバイクに乗り始めて1年で買ってよかったアイテムを選りすぐって紹介。

アマゾンをもっと有効活用する方法

自転車関連のセール・お買い得情報

・20%OFF Amazon自転車ウェアセール(2016/12/12まで)

プライム会員限定で自転車ウェア含むファッションアイテムが全品20%OFFのキャンペーンを実施中。

> 全品20%OFF Amazon自転車ウェア一覧

・最大5700円OFF Wiggle 自転車ウェアセール (2016/12/16まで)

最大5,700円OFF Wiggleサイクリングウェアクーポン

Route92

ロードバイクブログランキング

Facebooktwittergoogle_pluspinteresttumblrmail
スポンサー リンク